広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

『美女と野獣』の英語版を読み終わったで^^。

美女と野獣』の英語版を読み終わった^^。

 
(読み始めたときの記事↓)


 

ディズニーの映画版とは、違いがいくつかあったから、

書いてみる。

 

 

まず、家族構成が全然違う!(≧w≦)

本では、映画では出てこない二人のお姉さんが出てくる。

これが、シンデレラの意地悪姉さんたちみたいな、がめつい

姉ちゃんで、

この人たちが、物語の進行を握っているんよね。

それで、映画版では悪役だったガストンは出てこない(笑)。

 

魔法で時計になったりろうそくになったり

ティーカップになったりした使用人というのも

出てこない。

 

でも、映画と同じくらい、本も面白い!!

よりグリム童話に近い感じで、

女の子好みだろうな~(^m^)。

 

白雪姫が、王子様のキスで生き返ったように、

美女の涙と愛で、野獣は王子の姿に戻る。

真実の愛とか、何が大切なのかとかを、気づかせてくれる話。

女の子が助けるっていう展開が、

たぶん現代の女の子に受けるんだろうな~^^。

 

 

 

 

I have fineshed reading "Beauty and the Beast" in English. 

美女と野獣 Beauty and the Beast (ラダーシリーズ Level 1)

美女と野獣 Beauty and the Beast (ラダーシリーズ Level 1)

 

 There was some different point from this book and the movie on Disny.

 

I am goin to write something of their.

 

First time, Beauty's family is different.

In Books, Beauty has two sisters.

In the movie,they don't appear.

And this two sisters were greedy like Cinderella's sisters.

They make this story.

Gaston who play the villain in a movie   is not appear in this story.   

 

And the servants who changed to clock,or candle ,or tea cup by magic were not appear.

 

But  the book is exciting,like movie.

Like a Grimm's Fairy Tales,girls would like to love it.

 

Like ”Snow White” revived by price's kiss,

the Beast return to prince figure by beauty's tear and love.

 

We think what is true love, what is important.

It is the story what girl helps a boy,not boy helps a girl.

So, modern girls love this story.

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/