広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

「エリーゼのために」を弾けるようになりたいからピアノを習いたいという子

子に対しての課題の分離って、やっぱり難しいなぁ。 せっかく子がピアノ習いたいって言い始めたのに、 よくよく聞いてみると、 「エリーゼのために」だけが弾けるようになりたいだけで、 その前後の練習とかは、やりたくないと言う。 私がピアノを始めたきっ…

悪口と褒めの連鎖

ほんま、ナリ君強いよなぁ。 ameblo.jp ちょうど書こうと思っていたことと重なるので貼った。 悪口の連鎖、避難の連鎖って、どこで止めるか。 なんだなぁ、って思って。 人が何かを批判していたとき。 別に、その人のことを批判したのではないのかもしれない…

インドネシアからの21人のお客様 21guests from Indonasia

昨日、英語の集まりの一つに参加したら、 21人、インドネシアからのお客様が来られていた。 これはとても貴重な体験!! I joined in one of the English meeting yesaterday.And we welcome to twenty one guests from Indonesia. That was very precious t…

頑張ったことと評価を結び付けようとしない

うん。これ意識すると、 ameblo.jp 頑張ったことは、頑張っているその瞬間を楽しんだってことだから、 結果と過程を切り離せるな。 頑張れていたということは、楽しいから頑張れていたわけだし、 例え結果が分かりやすい形として目に見えなくても、 頑張って…

継続の力はすごい!毎日英語を30分、10年間続けた人

英語の集まりに行っていると、 いろんな人に出会う。 I often meet several kinds of person when I go to English meeting. 昨日は、初めて来られた方で、 英語がぺらぺらなので、勉強方法を聴いてみたら、 なんと、今まで10年間一人でずっと英語を勉強し続…

子も自分のお弁当を自分で作り始めた。家事能力が上がるにつれて家事タスクの量は減るの法則。

休みの日は、子も、自分のお弁当を自分で作るようになってもうたわ。 我が家、みんなお弁当を作りたくて、 「お弁当の作り手権利」争奪戦(≧w≦)。 結果、結局気づいたら、各自が自分のお弁当を自分で作ることになっとるみたいだわ。 自分の食べるものは自分…

ときどき繰り返し見る怖い夢

なんなんだろうね。寝ているとき、時々、嫌~な夢を繰り返し見ることがある。 同じ種類の夢を、何度も。 I don't know why it is. I sometimes watch a bad dream when I slept. It was the same kind of dreams.and it was repeated several times. 潜在意…

赤ちゃんは、自分で勝手に歩けるようになる

歩けなかった赤ちゃんが、 歩けるようになる時。 家の中にある家具を自分が適当に利用して、 立ち上がり、伝い、 勝手に歩けるようになる。 親が、歩く練習のための台とか、 歩く練習のためのマットとか用意しなくても、 そこらへんのものを、勝手に利用して…

おがくず酵素浴に行ってきたよ!

岩盤浴、よもぎ蒸し、米ぬか酵素風呂、鉱盤浴。 Bedrock bath, mugwort steaming, rice bran enzyme bath,Koubanyoku. こういうのが大好きな私。 冬の寒い時期のこれらの施設は、ホント、天国ヽ(´▽`)/!! I like these facilities very much. It is like a …

起こること全ては自分を幸せにすること

「自分は幸せな存在である」という前提で生きると、 起こること全てが、 「自分をさらに幸せにするために起こっていること」 になる、 これは、 人に対しても、同じことが言えるのかもね。 人に起こっていることの全ては、 その人をさらに幸せにするために起…

自分が発した言葉が、変化して受け取られていること。

昔に、自分が発した言葉や行動を、 自分はもう忘れていたのに、他人の方が覚えていて驚いた!ということって、よくある。 しかも、受け取った他人は、その人の受け取りたいように受け取っているので、 自分の記憶とは、また違う形だったり、大げさだったり。…

問題は、「解決」するのではなく、「解消」する。

佐伯和也さんのメルマガより。 これも分かりやすい!! 「問題は解決するだけじゃなく解消することが大事」 バックナンバー 私の大好きな、 「問題を解決する一番の方法は、問題を問題にしないこと」 というのと同じだね。 解決じゃなくて、「解消」。

自分の持って来やすい「感情」ってあるね。

周りを見ていて、夫を見ていて、なんとなく気づいた。 喜怒哀楽。 細かく分類すれば、もっと。 人の感情には色々種類があるけれど、 人には、自分が持ってきやすい感情というものが、あるのかもな、と。 私は、 「悔しい」という感情が、強いんだと。 何か起…

自分の性格は、自分が決めて作っているのかもしれないね

自分の性格は、自分が、自分の体験の中から、 引っ張り出したいものを引っ張り出してきて、 自分が作っていくものなのかもしれないね。 他人がどうこうしようとしても、関係なく、 その人本人が、取り込みたいものを、取り込みたいときに、取り込みたいよう…

『銀のアンカー』三田氏シリーズをまた読み始めた。

青少年センターに、『ドラゴン桜』『エンゼルバンク』『銀のアンカー』 三田さんシリーズが全巻置いてあるんだ。 前の2種は読破したので『銀のアンカー」を読み始めた。 やばい。またこの世界(笑)。 銀のアンカー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作…

食事の時間の話。

佐伯和也さんのメルマガ。 食事の時間の話。→ バックナンバー 毎日メルマガの内容が、唸るくらい分かりやすくて、 毎日日記に貼り付けたくなるんだけど、 あまりにも毎日貼り付けたくなって(笑)毎日やっていたらきりがないか、と思って、 貼り付けるのをや…

ピアノ一台一台との対話

私は、月に1回ぐらいはピアノを弾かない日が続くと、 禁断症状が出るのだが(笑)、 自宅にピアノを置いていない。 隣町の実家に、 1か月に1回ほど、ピアノを弾きに行っていた。 諸事情により、それができなくなったので、 今は、街の楽器店のピアノレンタル…

マニアックな科学教室  Rare scientific classroom

2年ぐらい前から、 子と一緒に、マニアックな科学教室に通っている。 Since about 2years ago, I have been studying science which has rare and maniac style with my child. 科学なのに、 「答えは一つではない。正解は一つではない。 どれも、間違えじゃ…

すずめのおじちゃんと再会 We met ”sparrow uncle” again

平和公園に、「すずめのおじちゃん」と呼ばれている方がいらっしゃる。 In the peace memorial park, there is an uncle who is called ”Sparrow uncle”. 素手ですずめに餌をあげているおじちゃんで、 平和公園のすずめたちのお友達。 He is the man who giv…

すずめのおじちゃんと会う

平和公園に、「すずめのおじちゃん」と呼ばれている方がいらっしゃる。 素手ですずめに餌をあげているおじちゃんで、 平和公園のすずめたちのお友達。 すずめ一羽一羽のことをよく知っておられて、 このすずめは、あのすずめの子どもだとか、 どういう性格を…

目的のない会話。男脳と女脳。

人生に目的が無いのと同じように(笑・無いのか!?(笑))、 私の普段の会話にも、しばしば目的はない、ということに気がついた(*'▽')笑。 いわゆる「女脳」のしゃべり方をしているときは、話に目的は無い。意図は無い趣旨は無い。 だから、男脳の人が聴い…

炊飯器が好きすぎて、家に5台ある件(笑)。

炊飯器が好きなのです(笑)。 なんて便利なんだ~と思って、 複数使いをしていたら、 いつのまにやら、なんだかんだと言って今は、家に5台あります٩( 'ω' )و 。 この不可思議な状態(笑)について、 もっと知りたい!とおっしゃってくれる方が現れたので、 …

第三楽章と第一楽章が好き。

ベートーベンのピアノソナタ。 私は、どれもがだいたい第三楽章が一番好きで、 その次が第一楽章。 第二楽章は、一番最後。 熱情にしても、 月光にしても、 悲愴にしても、 どれもがその順番。 ソナタ悲愴の第二楽章なんて、とても有名なんだけれども、 それ…

罪悪感は要らないって。みんな言っていることは一緒。

最近、英語学習の一つとして、教会に足を運んでいる。そこでは、交換言語の集まりがあるのだ。 Recently, I sometimes go church as one of the way to learn English. There is a language exchange meeting in that place. 別に信者ではないけれど、教会と…

『すべての教育は「洗脳」である』堀江貴文・著

ホリエモンの本は、勢いがあって読みやすい。 今回読んだのはこの本。 すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書) 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2017/03/16 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 心屋…

フロー状態になるとき

「フロー状態」という言葉がある。 時間を忘れるくらい、集中して没頭する状態。 普段、マルチタスクであれもこれも一度にやるのが好きな私は、 一つのことに集中して我を忘れる、という時間を持つことが少ない。 だから、たまに、フロー状態に入るくらい集…

やらかしてくれたでよ。カバン丸ごと忘れ(笑)

毎年恒例で、我が家は正月休みにクアハウス湯の山へ行く。 ここは、温泉とプールが一緒になっている施設で、水着で入れる。 交通公共機関で最寄りのバス停まで行ったら、施設の専用の送迎バスで送り迎えをしてくれるので、我が家でも行きやすいんだ。 しかも…

問題は、問題だと感じた人の問題で、解決のカギは、問題だと感じた人が持っている。

「問題は、問題だと感じた人の問題であって、 問題解決のカギは、その、問題だと感じた人が持っている。」 新年早々に聞いた言葉。 いろんな解釈の仕方、理解の仕方があるだろうけれど、 私は、こりゃ楽だ!と思った。 人が問題を抱えているのを見た時、 時…

大掃除、やり始めたらエンドレス。

今年の年末は多忙だから、 いっそのこと、 暇になるであろう正月1日と2日に大掃除をするか、と思っていたのだけれども、 そうは言っても少しくらい掃除しておこうかな、 とちょっと思って、少しやり始めた。 そしたら、もう止まらない!! 結局一通り、大掃…

サンドペーパー買ってきた。鉄のフライパン続編

昨日の続き。 サンドペーパー買ってきて、 鉄のフライパンの焦げをこすってみたけれど・・・ こ・これは・・・ フライ返しでこそげるよりも、 重曹で泡ぶくぶくにしてふやかすよりも、 何よりも地味で時間のかかる 暇つぶし作業ではないか!! 焦げを、こす…

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/