広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

採用していただいたとき-その4

さて、

面接の時に私が抱いた印象は、



まず、新聞の小さな求人欄に、「法律事務所」と書いてあるが、

法律に関わる事務所なら、
社会保険労務士さんかな?司法書士さんや、
行政書士さんなのかなぁ?

と、それすら、
当時の私は知りませんでした。
だから、面接に行ったときに聞こうと思って出かけたのです。





採用された後、すぐに知ったことなのですが、

「法律事務所」という看板は、「弁護士」しか
掲げる事ができないことになっているそうです。

だから、たとえば司法書士さんは、「○○司法書士事務所」という
名前は使えるけれど「○○法律事務所」という名前は
使えないのです。






面接に行くと、

事務員さんが一人いらっしゃいました。


美・人・です!!


おお〜。やっぱり、こういうところの秘書さんは
美しいのね〜。



全くこういうところに縁のなかった私は、
頭の中はもうドラマの世界です。



中に通していただいて、

いざボスとの初対面!


この時初めて、ここが「弁護士」の事務所であることを知ります。


おお〜。社労士さんとかじゃなくて、弁護士さんなのね〜。

てか、弁護士さんを生で見たのって、生まれて初めてじゃ(爆)。




そんな、何もかも知らない状態で、

飛び込ませていただいた世界だったのです。






AX



広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/