広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

自分の変化

ここ1~2年で、

自分がものすごく変わった気がする。
特にこの数ヶ月で、ぐんっと見方が変わったと感じて、

何が違うのかな?と思ったら、


いろんなことが、


「怖くなくなってきた」


これなのかも。と思った。



怖くないから、

安心していられる。
信頼していられる。
ありのままで、大丈夫って思える。



以前は、いろんなことが、怖かった。
本当に怖かった。


お金が減ること。
健康が害されること。
低い評価をされること。
嫌われること。


それらが、


実は、頑張らなくても、もがかなくても、
全部既に、私の手の中には有って、


お金は大丈夫だし。
健康も大丈夫だし。
人の評価って、どうでもいいし。
嫌うかどうかって、その人の問題だし。



と、以前よりあまり、怖くなくなってきた気がする。




心屋の「前者後者論」と、シャーリーマクレーンの本とで、

「役割」・「意味」というのが、

すとんと腑に落ちて、

もう、


「できる・できない」、が、「人間の価値」とは関係無い、
というのが腑に落ちて、


ありのまま、


どれもが、大丈夫で、意味のあることなんだ、


って、思えるような気がする。


欲張って、人の「役割」まで
私が取らなくても(笑)、
私には私の役割がある^^。




私が、今の職業に巡り会えたのも、
天命だった気がする。
意図していたわけではないけれど、
なんや知らんけれど偶然巡り会えた職。

おかげで色んな人の人生を見せてもらってきた。

それこそ、人生一大の不幸のような事柄が起きた人が、
集まってくる仕事。
でも、みんな、そんな状況でも、「生きている」。
起ったら起ったで、どうにかして、次、生きていけるんだ。

だから、
どんな人生が巡ってきても、「大丈夫」。
今は、そんな風に見える。


それを、知るために、
私は、この職業に引き寄せてもらったのかもしれない。

たくさんの、訳の分からない怖いことを、

もし起っても、大丈夫っていう実例を知るために、
私は、この職に、巡り合わせてもらったのかもしれない。




全てに意味があって、
全てが偶然のようであって、
実は必然であり。




一番怖いことの究極は、
きっと、
「死」で、

まだ、そこまでは怖くない、とは言えないかもしれないけれど、

なんとなく、


それさえも、「ありのまま」って思えそうになっていきそうな気がしている。



私が高校生の頃、
最愛の父が大病をし、
命がどうなるか、となったとき、

父自身は、取り乱すことなく、
運命に、逆らわず、
ありのままを受け入れようとしていたように見えた。

そのときの父の仏っぷり(笑)に、
私はかなり驚いたのだが、

もしかしたら、父には、

「ありのまま」を受け止めて生きる、という生き方が、
当時から、自然に、できていたのかもしれない。
何が起っても、あまり、動揺しない人だ。



人は、生きていける。

そして、

死をも、

死後も、大丈夫。意味がある、のかもなぁ~。




そんな感じでふわ~ふわ~と。






あ・それから、


自分を、とてもとても大切にできるようになってきた気がするなぁ。

そして、やっていることは、
どれも、やりたくてやっている、っていう自覚がある。


今までは、かなり人目を気にしていた。
なんか、今は、そんなのどうでもいい気がする(笑)。


私、変わり者ですが何か?(^0^)


って(笑)。


変わり者の友達が、いっぱいできたからかもな~(笑)。
変わり者じゃない人って、居ないかも、って
逆に思ったりもする。
フツーって何?(笑)って。誰のこと?って。



私は、自分の中に入れたくないものは入れない。
私が、自分の中に入れたいものだけを入れる。

食べ物も。価値観も。


それが、自分をとても大切にすることであり、
周りを大切にすることだと、

分かったから(^-^)。



広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/