読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

『火の鳥』手塚治虫

読みかけだった手塚治虫の『火の鳥』を、
全部読んだよ~!

これ、最後、完結していないんだね。

しかも、最後の12巻は、
連載のために、作り足した感、満載なんだね。


私は、この間途中で、
感想文を書かずにはいられなくなった
4巻(鳳凰編)あたりが、
やっぱ、一番、衝撃的だったわ!!

我王の話
から、
百尼さんの話あたり、

鳥肌が立ちそうな衝撃!

後半の、ロボットロビタの話と、
狼の顔を被せられた人の話も
すごかった!




12巻の

火の鳥の赤ちゃんと、カメとうさぎと猿の
お話は、

ちょっとジャングル大帝レオっぽいというか、
子ども向けかな、って気もした。

絵は、リボンの騎士みたいで、
お姫様も出てきて、
かわいいんだけどね^^。


前も書いたけれど、

火の鳥の4巻の、
我王のもう一つの腕を切られる場面と、

10巻(だったけな?)の、
大海人の皇子と大友の皇子のあたりは、


人生観を揺さぶられるような衝撃を受けた。

これ、ほんま、
日本が誇る、名作品だわ。

人生観、
生と死と、
人間の欲望と、宇宙と。

深い深いところに、入ってくる。


火の鳥 BOOKレビュー1
http://plaza.rakuten.co.jp/mamekomachi/diary/201602020000/

火の鳥 BOOKレビュー2
http://plaza.rakuten.co.jp/mamekomachi/diary/201602150000/


【送料無料】【smtb-u】【中古】B6コミック 火の鳥(手塚治虫漫画全集) 全16巻セット / 手塚治虫 【画】【中古】afb


広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/