広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

『ゴーイングウイズイン』シャーリーマクレーン著 を読んで その2

これも、途中で感想を書いて読みかけだったものを、
最後まで読んだので、
再度感想を。

すっと入ってくる部分と、
読めなくて、読み飛ばした所と。

読んでいる自分の中で、

落差が激しかった。



この読み方が、まさに、
「高速回転法」の読み方と一緒なのかもなぁとも思った。
昨日の日記「勉強法と心理学」  )

自然に、
分かるところと分からないところを分けている感じ。
分かるところだけ読む。
そこは、面白いから自然に引き込まれる。

分からないところは、とりあえず、今は眺めるだけ。
すっとばす。
分からないのに立ち止まってじっくり読んでいると、
面白くなくなってくるので、
そのままやり過ごす。

そんな感じ^^。




精神世界の考え方が、
宇宙に本当につながっているか?
物理学的に、解明されているのではないか!?
と、

ホーキング博士の所に実際に行って、
対談をしている箇所も、
面白かった。

シャーリーの求めている答えと、
ホーキング博士の答えが、

微妙に合致しないようなもどかしさを感じながらも、
こうであるはず!きっと!
とシャーリーが見ている世界は、

やっぱり、どこまで追求しても、
世界は自分の見えるようにしか
見えない、ということの証明でもあるのかもなぁと
思った。



感情も、世界も、自分が作り上げている。


シャーリーの本を読んでいると、
それが、だんだん、当たり前のように、
見えてくるかもなぁ~、という気がしている。



もう一つ、印象に残っているのが、
人の体に直接手を入れて手術をする場面。
患部を取り出す話。

これ、
ブラックジャックでも描かれていたし、

地元の心理学サロンでも、
こんな話を聞いたことがある。

突き詰めた心理学系、
スピリチュアル系では、
普通に語られている話なのかな。

これは、私にはまだ遠い話だという気がした。


肉体も、物質も、
極めると、

精神のカタマリってことなのかな??

遠すぎて遠すぎて(笑)、
これはまだ分からんわ。


さて、続編を予約しよう~^^。



昨日の日記「勉強法と心理学」  )


【中古】ゴーイング・ウイズィン-チャクラと瞑想 単行本 山川 紘矢; 山川 亜希子; シャーリー マクレーン; Shirley MacLaine


広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/