読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

どっちもOK

今行っている心理学の講座ところで得たもので、

一番大きいと感じていることが、

 

 

「どちらでもOK」

 

 

ということを学んだこと。

 

 

 

どの本を読んでも、どこの集まりに行っても、

たいていは、

 

これが素晴らしいですよ!

 

って教えてくれて、

 

その素晴らしいものの素晴らしさを伝えたいあまりに、

その真逆のものを、

否定したり、敵対したり、

してしまいがち(に見えた)。

 

 

だから、色んな本を読んだり、

色んなところに行ったりすればするほど、

 

あれ?どっちがいいんだ?

どっちが本当なんだ??真逆やねん。

って、分からなくなりそうだった。

 

 

それが、

 

 

”どっちでもいい。

どっちも、いい。

 

どっちも、同じところに通じているのだから。”

 

 

って知ると、

 

一気に、全てが、OKになって、

全てが許せて、とても楽になった。

 

 

 

・「シアワセは、行動は、

人のため?それとも、自分のため?」

 

・「将来の目標を定めたほうがいい?

それとも

定めずに流れのまま今を見ていたほうがいい?」

 

自分の中では、これらがまだ、

よう分からんな~と思っていたのだけれども、

 

きっと、これも、

 

どちらもいい、んだと今は思う。

 

 

 

 

どちらから入ったほうが、自分がやりやすいか、

どちらのやり方が自分が得意か理解しやすいか、

どちらが今の自分のステージに合っているか、だけの違いであって。

 

 

それぞれが、それぞれ、

 

「私はこれが得意なんだ~こういうやり方がやりやすいんだ~!」

 

って披露しあっているだけ。

ただそれだけなんだよね~。きっと。

 

 

 

だから、どれもOKなんだ。

 

 

それを、自分の得意を披露したいがあまり、

つい、それを強調するために、

 

比較として真反対のものを持ってくることがあるけれど、

別にそれが憎いとかいけないとかじゃなくて、

より、その得意なものへの愛が深い、ってことなんだよね。きっと。

 

 

 

だからやっぱり、

 

どちらもいい。

 

 

だから、その、

比較して他方を否定するやり方もまた、

 

OKなんだ^^。

 

 

 

こうして学べるしね(^-^)。

 

 

 

これを知ると、

いろんな講座を練り歩くのも、

ブログで過激な記述を見たりして

いろんな考え方に触れるのも、

 

怖くないかもな~。

 

激しく否定していても、

 

繋がっているところは同じって思えるんだもん。

 

 

 

 

これは、一番大きいって思う。

 

 

 

竹田和平さんの本を読んでいると、

心屋さんとは真逆に感じるところがよくある。

 

たぶんこれも、

自分を大切にする方法、ステージが、

違うだけであって、

根本の「大切にする」っていう思いは同じなんだと思った。

 

 

激しい批判は、激しい批判ではなく、

愛するものへの愛の深さなのかもな。

 

そっちを注目したら、

 

もう、愛しか見えないかもな(^-^)。

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/