読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

脳内での悪役

振り返ってみると、

 

今まで、

私の人生の中で、

 

いろんな人が、悪役として登場してくれていたんだなぁ、って思う。

 

 

私が私の脳内で勝手に仕立てた悪役。

 

私がそう見たかったから、

そう仕立て上げたかったから、

作り上げた悪役。

 

私のドラマの中で、

イヤだろうに

勝手に悪役を演じさせられていた、

 

あの人も、この人も、

 

 

ありがとう~って、今、思うわ。

 

 

 

本人は、悪役に仕立て上げられていることさえ

知っているかどうかも知るよしもないけど(笑)、

 

 

特に

先生だとか、親だとかは、

 

そういう立ち位置に、遭いやすいんだろうね。

 

だから、先生っていう職業は、

それだけ大変でもあるけれどやりがいもあるんだろうなぁ。

 

 

 

 

そして、先生も親も、

 

そういう立ち位置で、一時期、人の踏み台になる時期があるってことを、

知っているのかもしれないなぁ。

そして、その踏み台は、そのうちこんな風に、晴れて、

感謝してもらえるものだということを、知っているのかもなぁ。

 

 

本当は、

本人が自分の中の敵と戦っているだけなのだけれども、

そのダミーとして登場してくれる悪役。

 

 

 

 

思うに、たとえば、

 

誰が大臣や知事や議員になっても、

たとえどんなに素晴らしいことをしたとしても、

必ず大臣や知事や議員という者は、誰かから批判され。

全く一人たりとも批判する人がいないっていうことは、ないよね。

 

でもその批判って、

本当は、

批判する人がその人の中に抱えている不安であるということ。

 

 

少し前に、芸能人の不倫話がたたかれまくっていたみたいだけれども、

きっとあれも、

なんとも思わない人は、そういう世界もあるのね~、と、

別にただスルーするのだけれども、

けしからぬ!!と過剰反応する人は、

もしかしたら、その人本人の中に、

不倫に関する抑圧した思いがあったり、何か

反応したくなるものがあるっていうことである、

 

それだけのことなんだよね。きっと。

 

知事も、芸能人も、

見る人の世界の中の

悪役を買って出ているだけなのかもなぁ~。

 

 

 

 

 

 

どこの家庭でもたいてい、

子が思春期になると、親は、悪役になるっていうのもこれなのかな(^^)。

そして、いつかそれは晴れる。

子どもが、自分の中で勝手に作り上げて登板させ、

勝手に卒業して降板させる、悪役。

 

そして、

 

そんなイヤな役を、やっていてくれて、

 

ありがとう!

悪役に仕立てて、悪かったね(≧w≦)!

 

になる(*'▽')。いつか。

 

そうならない人も居るかもしれなくて、

ずっと悪役に仕立てたまま、今生を終えることもあるかもしれないけれど、

それはそれで、

その人が選んだ選択。生き方。

 

悪役に仕立て上げられた側からすれば、

仕立て上げられていることすら、分からないかもしれないし

知らないかもしれないし、

そう自分が決めなければ、そう成らないまま、

その人も今生を終えるかもしれない( ̄▽ ̄)。

 

また変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。

 

 

受け入れるが、選ぶかは、

 

全部、自分が決めることで、

自分が決めたとおりに、

世界は動いて行く。

 

 

だから例え、嫌われても、

これ、相手の一時的な幻想だっていうのが分かっている人は、

 

嫌われるのが怖くない、

 

まさに、嫌われる勇気を持っている人なのかもな~(^-^)。

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/