読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

朝の旗振り当番から見えてくる世界

年に1回、小学校のPTA当番として回って来る

朝の旗振り当番(^-^)。
今年で3回目なんだけれども、

1年に一回しかないから、毎年毎回、新鮮で面白い(笑)。

f:id:happy-v:20160413201409g:plain

 

いつもは、通勤する側の人間で、

あわただしく通り過ぎる多くの人の一人の目線しかないんだけれども、

この日だけは

横断歩道の前に立つ、緑のおばちゃんになる。

毎回、最初はちょっとドキドキする(笑)。

マニュアルには書いてあるのよ。

「一人一人に挨拶をしましょう」って。

 

でも、毎年思うのだけれども、

特に、一年目のときにはびっくりしたのだけれども、

 

 

思うほど、みんな挨拶返してくれないヽ(´▽`)/・笑。

 

 

あれ・・?挨拶しているのに、無視なの・・??

校門の前で、生徒会役員だけが大きな声で挨拶して、

みんなそれを壁のように知らん顔して通り過ぎてた、アレみたいなもん??(^^;

 

なんだこりは・・(笑)!!

 

って最初は思った。

旗振り当番の人も、挨拶をしている人としていない人がいる。

 

挨拶する「べき」が、自分の中にあるのと、

そうでないのと、

見え方が違ってくるんだろうなぁ。って思った。

 

あれ?あれ?と思いながら、

観察していると、

挨拶返してくれる大人や子どもも半々くらいかなぁ~^^。

ここは、半分都会のような半分住宅街のような、

中途半端な地域だから、そういうもんなんだろう。

それでも、返してくれるとうれしいね^^。

 

 

でも、なんか、どっちでもいいんだろうな~って

思えてきた。

 

 

特に中学生なんか、

こちらが挨拶すると、

少し恥ずかしそうに返してくれるさまが、

なんか、カワイイ。とてもカワイイ( ´艸`)。

 

挨拶を、返してくれるかくれないか、

それは、どうでもいいのかもしれないなぁ。

 

こちらが、挨拶したければするし、

相手も、返したければ返したいように返せばいい。

挨拶の表現の仕方も色々有るだろうしね。

そのときのその人の状況もあるだろう(^-^)。

 

私も、最初は、ちょっと恥ずかしくて、

小さな声で「いってらっしゃ・・」とか言っていたのを、

だんだん慣れてくると

行ってらっしゃい!!!ヽ(´▽`)/

とか声をかけて、

うふ。まるで、新婚さん旦那さんを送り出す奥さんみたいやん。

今の人、子どもたち、

きっとうれしかったに違いない( ´艸`)。

顔には出してないけれど、背中が嬉しそうやで・・(^m^)。

な~んて、一人ほくそえんでは(笑)、

 

30分の緑のおばさんタイムを楽しんだのであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・で、終わり?オチ無しか?(笑)。

うん、ええんで。オチ無しでもヽ(´▽`)/。

 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/