広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

話の聴き方がよう分かったわい(笑)!テクニックじゃないわいヽ(´▽`)/

地元の心理学サロンに久しぶりに顔を出す機会があったので、
久しぶりに心理学のテキストを確認した。

せっかく復習をしたのだから、
実践してみよう!と思って、

「聴く」を意識して、子に接してみた。



学校のことや、図書館で読んだ本について、
開いた質問、
閉じた質問、
相づち、
共感、
気持ちを聴く、
交えながら、話を膨らませ、発展させ、

これは、子と私のいいお話タイムが作れたぞ!と私は満足した。


私がそんな風に満足しているのに、
「今の会話、どうだった?楽しかった?」って子に聴いてみると、





「暇だった」





とな( ̄▽ ̄)・・・。




は!???

こんなに盛り上げたつもりだったのに・・・。

暇???


なんじゃそりゃ!


さっきいっぱいしゃべっとったでないかい!!ヽ(´▽`)/





んで

その後、



子は、にわかに
子の大好きなゲームの話を、
いつものように、子の思うがままに話し始めた。



弾丸弾丸、弾丸トークよ!!!



こっちの話題は、私は内容が分からないので、
「開いた質問」やら
「閉じた質問」やら、
そんなのぜ〜んぜん使わずに、

聴いていても面白くないので(笑)、

ほんまテケトーに相づちを打ち、
内容は右から左に流して(笑)、

殆ど聴いていなかった(笑)。



でも、


なんか様子を見ると、

子はさっきより、イキイキしている・・・。



試しに聴いてみた。

さっき、図書館の本の話をしたときと
今と、どっちが「聴いてもらっている」感がある?って。



そしたら、「今の方!(*'▽')」と即答で、
答えた先からまたもう、
ゲームの内容の話を続けていた(笑)。

 

 

f:id:happy-v:20160413201412g:plain


あー。


「私が聴きたい内容」を、
マニュアル通り聴いて、
マニュアル通りの会話を展開するよりも、


「相手のしゃべりたい内容」を、
たとえ聴いていなくても(爆)、
しゃべりたいようにしゃべらせてあげることが、

「聴いてもらっている!」って感じてもらえやすいのかもね!!




確かにそうだ。

自分が話をするときも、

昔、内容を一字一句漏らさないように
必死で聴いてもらって、
内容について問われ、真偽を確認しながら
丁寧に丁寧に聴いてもらっていたときは、


・・・正直、しんどかった(笑)。



理解しようとしてくれているんだろうけれど、


話し手は、
ぶっちゃけ、相手が聞いていようが聴いていまいが、
理解していようが理解していまいが、

それよりも、


自分の話したいことを話したいように話したい!!


話せたら満足。

いちいち内容確認なんて要らない。

ぶっちゃけ、相手が理解しようがしまいが、
どうでもいい(笑)!のかもしれんな〜。



いやはや(笑)、

子への話の聴き方がよう分かったわい(*'▽')。

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/