広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

自由を手にしたとき、自分をコントロールできるのは自分だけ

自分で自分を律したり、コントロールしたりするのって、
案外難しいんだよね。

昔は、
「恐れ」を持ってきたり、
人のせいにしたりすることで、自分を律しようとしていたけれど、


それら実は全部自分が持ってきていること、
自分が、自分の責任でやっていること、って気づいた今、

「恐れ」や「人のせい」で自分を動かすことができなくなった今、

 

ただ単純に、純粋に

「自分が自分をコントロールする」しかなくなった。

 

誰も咎めない。
どこにも恐怖がない。
人のせいにできない。


そんな中で、自分を自分でコントロールしようとしたとき、


あまりにも自由すぎて、なんでも許されすぎて、ぼ~っとしすぎて、

 

いっそのこと、自分で自分を何かで脅して、
自分をコントロールしてやりたくなるような気持ちになったり(≧w≦)。

 

f:id:happy-v:20160428102307g:plain

 

すべての選択が、

自分に委ねられすぎて、
自由すぎて、


自分から、どこかの縛りに入って行ったほうが、
実は楽だったのかも・・ということに気づく。

人任せにして、思考停止でいたほうが、
実は楽だったのかも・・・(≧w≦)とかね。

 

人に決めてもらって、
人のせいにして、
ブーブー文句たれているだけ(笑)って、

どんなに楽ヽ(´▽`)/なことだったか!(≧w≦)

 

楽だから、手放したくなかったのかもなぁ。
長年。

楽だから、手放したくないから、
手放さないために、
「不幸なフリ」「しんどいフリ」「大変なフリ」「犠牲者のフリ」
が必要だったのかもなぁ。

「カワイソウな私」で居たら、
ただ、泣いているだけで、
誰かが決めてくれる。やってくれる。

でもそのためには、人にバレないように(笑)、
ずっと「カワイソウな私」を「演じ」続け、
演じ続け過ぎて、本当に「カワイソウな私」になってしまうかもしれないけれども、
芯から「カワイソウな私」になってしまうかもしれないけれども(笑)、
そのリスクを負った上で、「カワイソウな私」をやり続ける必要がある( ̄▽ ̄)。

 


「不幸なフリ」をやめたら、

自分がシアワセであることに対して、
自分が責任を持つ必要が出てきた。

誰も代わることができない。

人のせいにもでできない。

 

 


何でもしていいよ~、って
いう自由は、

何でも自分で責任を取るという覚悟。

 

楽しむのも、楽しまないのも、
ニコニコするのも、ぶすっとするのも、

人のためじゃなくて、

自分へのチャレンジなのかもなぁ。


自分のために、自分がしていること。

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/