読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

「ライフスタイル」って面白い!自分が抱えていた爆笑エピソード

心理学でいう「ライフスタイル」

って、自分で作って自分で修正していく
「人生の一人遊び」みたいなものなんか~って思ったわ~。


勝手に、自分で信念・価値観・こだわりを作っていって、
それを矯正・修正する作業も、自分でやっている。
自分が見て、感じて、
ちゃんとザワザワするように、できている(笑)。


不思議だなぁ。

一人芝居だよなぁ。


**

f:id:happy-v:20160428102306g:plain



私の昔のエピソードで、めちゃ笑えるのが一つある。


胸のこと。


思春期の頃、ガリガリで、胸が無いのがすごいコンプレックスで、
人の胸ばっかり見て過ごしていた(笑)。

この人、胸があるくせにとか、
この人も、胸が無いからとか。(笑)


今思うと、めちゃ笑えるし、アホやった~って、
つくづく思うのだけれども、
当時は真剣!(笑)。




胸が小さいということは、女の価値が低くて、
男の人はみんな大きな乳が好きで、
乳が小さいと母乳が出なくて母親の価値も低くて、
てことは、私の人間の価値が無いってことの証明になる!!!

とか思っていて(笑)、

すんごいコンプレックスだった。







それが、出会った夫は小さい胸が好みの人だった。

最初はそれがどうしても信じられなくて、
そんな男の人がこの世の中に居るのが信じられなくて、
私のために嘘をついてくれているのかと思っていた。


それが、産後、私の胸が人並みに大きくなったとき、
夫が本気でデカチチを嫌がったので(笑)、
これは、本当に小さいのが好みの人なんだと、
やっと信じることができた(笑)。



そしてまた、

出産直後も、
「胸がないから乳が出ないじゃろう」と言われたのが
くやしくてくやしくて、くやしくてくやしくて、

絶対に完全母乳で育ててやる!!!!

ってすごい意地で、

なにがなんでも完全母乳で育ててやるって息巻いて(笑)、
必死で完全母乳育児して、
そうこうしているうちに、


これらのコンプレックスは、

どーーーーーーーでもよくなって、


全く全く、


どーーーーーーーでもよくなって、

完全に忘れていた。


子がもうすぐ9歳になる今でもまだ出ている母乳。
しょぼしょぼになってもまだ出ている母乳(笑)。


どうだ!乳の大きさは、母乳の量と関係ないぜ!!って、
気分は生き証人(笑)。



大きさは無くても、詰めればいくらでもごまかせる(笑)。
有る分には削れないけれど、
無い分にはいくらでも盛れる!(笑)。

てか、関心が無くなったので、
それもど--------------でもよくなった(笑)。


気にならないから、
人の胸なんか見ること一切無い、

大きい人を、別にうらやましいとも、もう思わないし、
そういえば、なんとも思っていないなぁ~と。

忘れすぎていて、
こんなことあったっけ~って思い出すと
笑えるだけのエピソード。





こういうことか!と思った。


「有る無い」が関係ない世界。

愛も、お金も、能力も、いろんなものが、

「有る無い」言うているうちは、
まだ修正作業をやっている真っ最中で、

その修正作業も、必要な過程なのかもな。と。



抜けたら、ほんま笑える、
どーーーーーーーーでもええことになるんだけどね。
その真っ最中は必死よ(笑)。

 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/