読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

恐れていたことは、嫌いになること。「自分が大切だと思う相手に愛情が注げなくなること」

あぁ。これだなぁって思った。

「人に嫌われるのが怖い」=「人を嫌うのが怖い」

なのかもしれないな。

 

人を嫌いだと感じているとき、

一番気持ちが悪いのは、自分だもんなぁ。

 

本田こーちゃんの文章。

愛情は何も表現しなくてもいい。
ただただ、ああ好きなんだな、ああ愛情を注ぎたいんだな
ってのにオッケーが出ると、すごい自由になる。

俺の場合は、相手が自分を嫌ってきたり、
全然違う態度を取ってきても、
地下深いところに大きなパイプがあって、
そのパイプを通じて
相手に愛情を注ぎ続けているってのをイメージした。

うん、イメージだけで実際には何もしていない。

そんなイメージが出来るようになったら、
大切な人から嫌われるってことが、
ぶっちゃけ
どーでもよくなった

思うに
「本当の本当の本当の問題(笑)」は
相手から嫌われたり
愛情を注がれなくなるってことじゃなくて、

『自分が大切だと思う相手に
愛情を注げなくなることなんだと思う。』

要するに解決法は

『相手から嫌われても
愛情を自由に注げるんだって気付くこと』

これに気付くと
すごく自由になるし
すごくお金も稼げるようになるし
すごく好きなこともできるようになってくる。

本田こーちゃんの、自由大ちゅき【本田晃一】:「稼ぐことから逃げてる時」には?

 

 

ナリ君が、

「好き」の反対は「嫌い」じゃなくて、

「関心が無い」になるよ~って書いていた。

k-nali.hatenablog.com

 

「嫌い」って意識しているときって、

実はめちゃくちゃその対象のこと

気にしている状態だもんな。

見張っている状態だもんな。

意識すればするほど、しんどいし、

嫌な気持ちになるもんな。

 

めっちゃ気になっているってこと。

めっちゃ関心があるってこと。

 

それでもそのまんまでいいから、

そこにも実は、

「愛」のエネルギーを注いでもいいんだよ。

「愛しているけれど 嫌い」

ameblo.jp

でもいいんだよ~って思ったら、

 

なんか、もうそこ、

一生懸命見張っていなくても、

どうにかして好きになろうとしなくても、

安心していられそうな気がした。

 

 

なんだ、怖かったのは、そこだったんだ(^-^)。

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/