広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

規模も自分で選んでいる。自分はどのくらいが心地よいのか

 自分が生きていくうえで、

どのくらいの行動範囲で、

どれくらいの人と関りを持って、

どのくらいの規模にするか、

というのは、

自分で選んでいるんだね(^-^)。

 

入ってくるお金の量と、

出ていくお金の量を、

無意識のうちに自分で選んでいるのと同じように。

 

 

 

私が行っている

バレエ教室でも、法律事務所でも、

どちらも個人営業で、

どちらもオーナーが、

ご自分の許容量を、しっかり舵取りしていらっしゃるのを

感じる。

 

規模を果てしなく大きくするか、

小ぢんまりと小さいままでいるか、

それも、

自分で決めていること。

 

 

 

心屋さんが、「有名になってもいい」と

自分に許可を出したとき、

有名になったように、

 

本当に心から、自分に許可を出すかどうか。

 

「有名になってもいい」と許可を出したら、

その代わり、

色んな人も来る。

それも含めて、全部受け止める覚悟があるか、

受け止めたいのか、

受け止めるのか。

 

そうでなければ、別に、

小さい規模でもシアワセなら、

それが満足であれば、

何も有名にならなくてもいいし、

 

自分を守るために、

境界線引いて、

規模を大きくしないように、

敢えて拡大を阻止することもできる。

 

自分はどのくらいが心地よいのか。

 

 

規模を大きくしたくないと思っていたら、

規模を大きくしなくてもよいような出来事が

ちゃんと起こるし、

そんな出来事が起こるように、

自分の目線が変わってくるのかもなぁ。

 

f:id:happy-v:20160428102308g:plain

 

うちのボスは、事務所内で

仕事がちょうどよい具合に回るように、

いつも調節してくださる。

 

それが、自分のためでもあるし、

従業員のためでもあるし、

信頼して事件を依頼してくださっている依頼者さんのためでもある。

 

自分が心地よい状態でいることで、

みんながシアワセになる、ということを、

知っていらっしゃるのかもな。

 

 

 

誰かがどこかの段階で我慢して

許容量以上のものを抱え込んで

頑張りすぎたりすると、

 

自分だけでなく、それに拘わる周りの人も

一緒に引き込んで、

許容量以上のものを抱える羽目になる。

 

だから、

 

自分がシアワセでいることが、

周りも幸せにする、

というのは、そういうことなのかもしれないなぁ。

 

 

 

自分だけが我慢すればいい、では済まなくて、

周りも巻き込んでしまうんだね。

 

 

 

 

自分が心地よい状態で、

快適に過ごしていたら、

それだけで、周りも幸せにするというのは、

こういうことなのかもしれないな(^-^)。

 

だから、大切なのは、

 

それぞれが、それぞれ、

自分の快適さを知っていて、

自分の快適な規模を選んで行くということ。

 

快適な規模について、

私は今、こうなんだ、と、

はっきり自覚して伝えること。

 

我慢しないということ。

 

 

 

 

 

 

日常生活の中で、

色んな人が、教えてくれるなぁ(^-^)。

 

 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/