広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

私の仕事の意味。

今更ながら、
自分の職業の意味を実感。

 

私の職業は、

トラブルが発生しないようにしたり、

法を犯す人を減らしたり、
破産する人を減らしたり、
困った人を居なくなるようにしたり、する職業ではない。

 


これらは、起きるときはどうしても、起こるもので、

有るときは、どうしても、有るもの。


有ることも、起こることも、

実は、本当は、

 

 

 

 

悪いことではないのかもしれないな。

 

 

それは残念だったり、悲しかったり、

するかもしれないけれど、

そこに善悪は無くて、

 


起こるときは起こる。

 

どうしても、どんなに頑張っても、

起こるときには起こるもの。

 

 

起こることにも何らかの意味がある。

 


起こったときの、処理。
起こったときの、始末。
起こったときの、対処。

その代行をしているのが弁護士で、
その弁護士のお手伝いをしているのが私。

 

 


当たり前と言えば当たり前なのかもしれない。
今更?って話かもな(*・ω・)ノ。

 


でも、

新人の頃は、

問題を、トラブルを、
「悪いこと」だと思っていた。

なんとか、なくせたらいいのにな。と思っていた。


そして、トラブルに遭遇した人に対して、
どこか、「かわいそう」、とか「不運だ」とか思いながら、
どうにか「良く」なればいいのにな、と思っていた。

 

 

 

 

でも同時に、


大きなトラブルに巻き込まれても、
大丈夫そうな人も、たくさん見てきた。

 

というか、みんな、大丈夫だった。

 

 

大きなトラブルを経験しても、
人は生きていけるんだ。
トラブルが起きたら、手続きや必要な処理をやるだけ。

後は、「自分のココロの持ちよう」。 

 

心理学を学びながら、
仕事をしながら、

だんだん、そういうことが、分かってきた。

 

 

 

 


いつの頃からか、
少々の大きなトラブル案件を見ても、
殆ど心揺さぶられずに、仕事ができるようになった。


それは、冷たいわけではない。

世の中を、受け入れたということ。


もしかしたら、人を、
かわいそうに思ったり、哀れんだり
しないようになれた、ということなのかもしれない。

 

「どうにか、良くなればいいのにな」と思うってことは、

「今は良くない」と思っているということ。

今の状態のその人を、「良くない」「ダメ」だと思っていたということ。

ジャッジしていた、ということ。

 

 

その人が「良くない」わけじゃなくて、

その事柄が起こったというだけのこと。

人の価値自体は変わらない。

「物事に対処する」っていうやつかな。

 

「良くなるように、人を変える」職業ではない。

人を変えるんじゃなくて、

物事の手続きをする職業である、ということ。

 

 


人を、信じられるようになってきた、
ということなのかもしれない。

 

 

全てのことに、意味がある。

 

人に、
優劣も無いし、
善悪も無い。

 

起きたトラブルと、自分は、別物。
どんなトラブルに巻き込まれようとも、
生きていくのは自分だし、
生きていける。
それを決めるのは、結局、「自分」であるということ。
自分のココロであるということ。

 

f:id:happy-v:20160428102308g:plain

 

人を、人が変えようとする、ということは、

おこがましくて。

 

人は、変わりたいと自分が思ったときに、

自分から変わるもの。

自分から変わりに行くもの。

そのための材料は、自分で取りに行くもの。

人が、どうこうさせたりしたり、するものではないということ。

 

 

 

 

また、年月を経ると、考え方が変わってくるかもしれないし、
どんな風に変わるかは今は分からないけれど、

今は、そんな風に感じるようになってきた。

 


役割があり、意味があり、
世の中は回っている。

 

こうして、私は、学ばせていただいている。
生かせていただいている限り、ずっと、周りから、
学ばせていただくのだろう。

 

 

長く仕事をしていると、

見え方も変わってくるもんなんだなぁ。

 

f:id:happy-v:20160428102308g:plain

 

最後に、最近みつけた記事のリンク。

心屋さん経由。 

ameblo.jp

 

「そのうちうっかり変わっているかもよ」

 この言葉、気に入った!!٩( 'ω' )و

 

 

変わるのは、「うっかり」でいいo(`ω´ )o

 

だぁーーーれも 足りなくない。
だぁーーーれも 責めなくていい。
だぁーーーれとも 比べなくていい。 

 

逆に、「うっかり」でないと、

人が変えようとしても、人は変わらないのかもな。

 

 

 「成長」って、

許せなかったことが、許せるようになること。

受け入れられなかったことが、受け入れられるようになること。

ameblo.jp

 

 

f:id:happy-v:20160428102308g:plain

 

 私にとって、この職業は、

人生であり、学びの場。

この職が大好きで、

 

おこがましいかもしれないけれど、

 

自分にとっては、天職だと思っている。

 

よくこれだけ自分の性格にぴったりな職業に

巡り合わせていただいたものだと、

時々思う。

 

職場の規模も、同僚にも恵まれて、

本当にありがたい。

 

 

 

めったに書かないけれど、

久々の仕事ネタ。

 

読んでくださってありがとうございます(^-^)。

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/