読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

3DSに制限が要らないって本当だったかも!

子と遊ぶ

子どものゲーム機3DSにまつわるひきこもごも(≧w≦)。

 


「制限必要ないよ」、とあちこちで聞いた話は、我が家でも本当だったかも!!ヽ(´▽`)/


毎日毎日、佐伯和也さん


のメルマガを読んでは、
私の頭の中を、意識を、

少しずつ少しずつ、塗り替えていった。


いつの間にやら、
私自身が、ゲームに関して、

 

一切気にならなくなっていた。

 

 

ふと気が付くと、

子は、

自分でゲームの時間を管理し、

自分で自分に制限をかけて、

自分でコントロールしている、

ということに気づいた。

 

 

いつの間にかだったから、

いつからなのか、私も気づかなかったくらい(≧w≦)。

 

 

 

ゲームをする時間、

ゲームの種類、

一切制限なく、全て子に任せていた。

全て本人に丸投げヽ(´▽`)/。

 

人って、誰も制限かけてくれる人がいなかったら、

自分で自分に制限かけて、調節するものなのかね。

 

 

今日は何時から何時までやる。

朝はどうする。夜はどうする。

って、時々自分で宣言している様子。

 

私はそれを、「そうるすことに、したんじゃね(^-^)」と聴くだけ。

 

後は子自身が、

自分で決めたことを、

自分で守れたり守れなかったりして

一喜一憂している様子を、

ニコニコ眺めているだけ。

 

 

ゲームばかりしているのかと思っていたら、

図書館で私が次々と借りてきた本も、

合間に合間に全部読んでいることも判明した。

勉強も、自分のペースでやっていることも判明した。

自分からやりたいと言って始めたドラゼミも、自分がやりたい部分を(≧w≦)、自分で判断してやっていた。

私の知らんとまに!!(≧w≦)。

 

 

何の問題もないじゃん!!

 

てか、やったじゃん!!

 

 

制限って、必要ない!!。

 

 

確信した。

 

大丈夫だと思っていたけれど、

私が思っていた以上に、大丈夫だ(^-^)。

 

f:id:happy-v:20160428102307g:plain

 

 

寝る時間も、子には20時に寝てほしいなと思っていたけれど、

私がコントロールして寝させるのではなく、

 

私が、20時頃に寝るようにした。

子がどうするかは関係ない。

私が、そうする。

 

当分の間、私が一人で先に寝て、

子はなにやら22時頃まで起きているような頃もあったけれども、

 

気にせず私は、20時ごろに寝るようにしていた。

 

そしたら最近、子も、20時ごろに寝るようになってきた。

自然に。

 

 

 

あぁ、子育てって、こんな風にすると、

なんて楽なの!!

てか、育てなくていい(^-^)。

自分で育つ。

 

 

私が「子にやってほしいな」、って思うことは、

子にやらせようとしなくても、

自分がやりたいことだから、

自分がやればいい。

それだけ。

 

 

f:id:happy-v:20160428102307g:plain

 

3DSが家にやってきてちょうど1年くらいかな。

当初は、ゲーム機の弊害とかを調べて、

ココロが揺れたり葛藤したりしたし、

 

ゲーム機が家に来ることになってしまった経緯を、

悔しく恨めしく思っていたりした(笑)けれど、

 

 

今思うのは、

 

ゲーム機について信じるのではない。

子を信じる。

 

ということ。

 

子が、どういう風に、ゲーム機とつきあうか、

向かい合うか、

子を信じる、ということ。

 

対象が、ゲーム機であろうが、なわとびであろうが(笑)、なんでも関係ないのかも^^。

 

子は、「ゲームもできるし、

好きなことが好きなようにできるから、

僕はシアワセだ」といつも言っている(^-^)。

 

なんやしらんけど(笑)ゲーム機が家に来ることになってしまったことで、

私は色んな事を学ばせてもらったのかもしれない。

これをきっかけに、大切なことを

知ることができたのかもしれない。

 

 

夫が、次から次へと、湯水のように(笑)

ゲームソフトを買い与えている様子を見て、

ソワソワした時期もあった(≧w≦)。

 

けれど、大丈夫だ。

 

子は、ちゃんとゲームの種類を選択している。

 

興味のない種類のゲームは見向きもしないそうだ。

 (代わりに夫がやっているらしい(≧w≦))

 

 

私は、ゲームを全部クリアしたことなどないが、

子は、何個も全クリして、もう一回最初からやるゲームとかもあるらしい。

 

なんだかよく分からないれど、

きっと、根気とか集中力とか、

いっぱい身に着けているんだろうなと思う。

 

ゲームの影響で三国志にも詳しくなって、

児童小説の三国志とかもむさぼるように読んでいる。

 

 

朝起きてから寝るまでの時間、

何と何をどういう順番でやって、

何をやらないか、何をやるか。

1日の自分のスケジュールを

自分で決めて、

自分でコントロールできる。

 

そして、何よりも、

 

 

子は、何をしても許してもらえる。

親子関係が、以前にも増して、とてもとても

あたたかく穏やかになった気がする。

 

ゲームの話をいつも、本当に楽しそうにたくさんしてくれる。

私は内容は興味が無いのでよく分からないけれど、

うんうん、と、いつまでも延々と聴けるようになった。

内容を聴くのではない。子の楽しそうな様子を聴くのだ、楽しんでいる気持ちを聴くのだ、ということが分かって、

それが自然にできるようになってきたから。

 

当初は、とても不快で( ̄▽ ̄)、

「母ちゃんの前で、ゲームの話は一切しないで!!」

とか言っていたのが嘘みたい(≧w≦)。

 

 

 

 

何をしても許せるようになった私が、一番、楽なのかもしれない(^-^)。

 

 

「ゲーム機を信じるんじゃない。

子を信じる。」

 

友人の一人が言っていた一年前の言葉。

本当に、そうだと、今、実感している(^-^)。

 

 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/