読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

仕事を増やすということは、世の中を回すということ

人に迷惑をかけて、仕事を増やすということは、
実は、悪いことじゃなくて、良いことだったのかも!(笑)。


「仕事が発生した」ということは、


その仕事をする人が「必要とされる」ということ。

「必要とされる人」が発生するということ。
「人の役に立てる人」が増えるということ。




人の「仕事」って、一生無くならないもの。
(ここでの「仕事」とは、「お金を稼ぐ」という意味の仕事ではなく、
生産活動、やること、という意味の「仕事」ね。)

完全に全く無くなったら、それは、もうお役目終わりということで、
人生が終わってしまう(≧w≦)。




だから人は、何らかの形で、
常に、「仕事」「お役目」「役割」を必要としていて、

仕事が「無いぞ!」と思ったら、
自らどこからでも作り上げてくるんだね。
問題を、作り上げてでも、「仕事」を作ろうとするんだね。



「仕事」って、必要なんだ!



だから、「仕事を発生させる人」って、
「なんか面倒なこと起こして(笑)仕事を発生させた人」って、

仕事を必要としている人のためには、
実はとっても、ありがたい存在だったのかも!!Σ(@0@)

 

 

 

f:id:happy-v:20160428102306g:plain

 

んで、仕事を増やされて困っている人、というのは、

たくさんの仕事を独り占めしすぎている、

ということ。

 

困るくらいに抱え込んでいるのなら、

さっさと

仕事が無くて困っている人に分配したらいいのに、

 

いつまでたっても一人で抱え込んで、

 

人に分け与えない人。

 

人に分け与える勇気と信頼に、

不安がある人。

 

 

 

人が仕事を発生させたことに対して

怒る人は、

もう自分はこれ以上仕事を抱えなくてもいいのに、

また更に、

その発生した仕事を自分だけが引き受けようとして、

怒っている、ということなのかもな。

 

どんどん分配すればいい。

回せばいい。

 

それぞれが、得意なことをやればいい。

 

そうやって、世の中は回っていくし、

回るものなのかもしれないね。

 

どこかで誰かが我慢して、

独り占めしたり、苦しんだりすると、

流れを止めてしまうのかもな。

 

 

我慢せずに、どんどん回したら、

いいのかもね。

 

 

みんな、仕事を増やしながら、

仕事をしている。

 

こうして世の中流れているのかもな(^-^)。

 

 

 

仕事を増やすことに対して、

遠慮したり、恐れたり、しなくていいのかも(^-^)。

 

ありがたく、受け取って、回してくれる人が

待っている(^-^)。

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/