広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

やるのかやらないのか、迷って迷って迷うとき(笑)。

やるのかやらないのか自分で決断するのって、

自分がやりたいのか、やりたくないのか、
自分の気持ちを知るのって、

めっちゃ勇気が要るな~!!

自分の気持ちって、分からないもんやな!!(爆)。

f:id:happy-v:20160428102307g:plain


昨日、子が、音読の宿題をやるのかやらないのか、
「自分で決められない!!」って言っていて、
「母ちゃん決めて!!」って言うから(笑)、

「そんなのどっちでもええがな。
自分で決め^^!」言うたが、どうしても自分で決められないらしく(笑)、
「お願いだから母ちゃん決めて!!」とぐじぐじ言っているから(笑)、

「そんなら、やらんでええがな」言うてやったけど(爆)。

(後は知らんヽ(´▽`)/(笑))



自分で決めるのって、

めっちゃ難しいことやんな!!


責任自分で取るってコトやもんな!



f:id:happy-v:20160428102307g:plain



子どもの頃の私、
宿題をやるかやらないかの選択肢って、
そもそも頭の中に最初っから全く無くて、

宿題=やるもの

という公式しかなかったから、やらないでおこうか?
なんて迷うことなんて一切無かったけれど、


選択肢があると思ったら、迷うのね。
何の世界でも。


ちなみに、うちの夫は真逆で、

宿題=やらないもの

だったらしく、
やるという選択肢が無いから、
これも迷うこと無くやらなかっただけらしいんだけれども^^。


 

 

 


やった場合とやらなかった場合、
どちらも得るもの失うものがある。

 

 

私にとっては、

「やらない」を選択し続けるのって、

ものすごい強い意志と、

ゆるぎない自信が必要。

 

「やらない」を貫くくらいなら、

少々我慢してでもやってしまう方がずっと楽。

私にとってはね。

 

そこには、やりたい、やりたくない、

の意志なんて、最初から存在しないんだよね。

 

 

よく言われている、

「勇気出すぐらいなら努力したり頑張ったりする方が楽」っていうやつ。

ずっとそれで来た。

 

 

 

だから、

 

 

いざ、

 

 

やりたいのかやりたくないのか、

 

よく分からないものが目の前に現れると、

 

選択にすごく困る。

 

 

どっちを選んでも、どうせ、いいようにしからならんのだから、

どっちを選んでもええんだけどね。

 

どっちを選んでも、何かの学びがあるだけで。

 

 

でも、決めるまでは、モンモンとして、

ぎゃ~щ(゜▽゜щ)ってなる(笑)。

 

 

 

 

もう絶対にどうしても嫌いで、

やりたくないのが明らかなドッチボールとかだったら(笑)、←突然出てきたドッチボール(笑)

 

もう、秒殺で、

「やらん!」って言えるし、

 

 

やるのが好きで、放っておいても勝手にやりたくなる、

書きたくなるこのブログみたいなことだったら、

誰に何も言われんでも勝手にやっているし、

「桃要る?」とか言われたら秒殺で「要る!ヽ(´▽`)/」とか言うけど(笑)、←突然出てきた桃(笑)。

 

 

自分が好きかどうかよくわからんけれど、

できることや、やれること。

でもなんだか面倒くさいような、そうでもないような、

微妙なものって、

 

選択するかどうか、迷うのよね。

 

少々なら我慢してでもやるか、とかなって、

我慢しながらやっていたり。

 

やりながら、

それが好きなのか、嫌いなのか、

やりたくないのか、やりたいのか、

ようわからん。

 

 

いっそ、迷わなくてもいい、何か

「しょうがないよな」っていうような決断の理由が

どこからか降りてこんかな~と思って、

彷徨うわ(≧w≦)。

 

 

 

昔は、その根拠を、たいてい「お金」で

図っていたなぁ。

お金になるかならないか、

損か得か。

 

そういう基準を取っ払ってみたら、

ほんま、どういう基準で何を選択すればいいか、

分からんくなるなぁ。

 

基準が、「やりたいかやりたくないか」

「楽しいか楽しくないか」だけになると、

ほんま、自分の感覚を問われる。

 

 

 

 

 

まぁ、迷いたいだけ迷うのも、ええんやろな。

いつまでに決めるか、

いつまで迷うか、すらも、

自分で決めることができるんだもの。

 

 

そして、どっちを選んでも、

選んだ先の学びがあるだけのこと。

 

だから、人から見れば、

どっちを選んでも、ええやん。

知らんがな(笑)。

 

って、それだけのこと(≧w≦)。

 

なのに、本人は、決められないで、

一人悶絶する(笑)。

 

 

 

本当は、どっちかに背中を押してもらいたい

っていうのはあるのかもしれんなぁ。

 

そして、その背中を押す根拠を

探しに彷徨っとる。

 

そのことに、自分で気づいたら、

もう少し楽に決められるのかもなぁ^^。

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/