広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

国語の問題集が面白いわけ

子供の頃、国語が大好きだった。

 

中学のとき、「力の5000題」っていう

辞書みたいに分厚い問題集を買ってもらって、

 

5000題の問題は、殆ど解かなったんだけれど(爆)、問題に出されている文章が面白くて、

文章だけ布団の中で全部読んだ。

 

今思えば、

問題に答えるのは面倒だったけれど(笑)、

出されている題材が、面白かったんだと思う。

 

本を買ったらまるまる一冊とか、

時間をかけて読む必要があるけれど、

試験やテスト用の問題に出てくる文章は、

本の内容が切り取ってあり、

しかも試験の時間内に読んで理解できるくらいの

ボリュームにしてある。

だから、読みやすいんだね。

短時間でも分かる部分が抜粋されているんだね。

 

 

中学生の頃の自分の奇行(笑)の意味が、

ここに来て分かったよ(^^。

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/