広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

子は親に似るとは限らない・ドッジボール編(笑)。

子供の頃の私は、

ドッジボールが世界一嫌い(≧w≦)だった。

 

人が人にボールをぶつけて喜ぶだなんて、

   

世の中に、なんでこんなに野蛮なスポーツがあるのかと、

不思議で不思議でたまらなかった。

 

 

さらに、小学校の体育の時間なぞ、

殆どドッジボールの時間ばかりじゃないか!!

と思うくらい、ドッジボールの時間がたくさんあって、

来る日も来る日も、小学生はドッジボールをする。

しかも、私が2年生から転校した先の学校は、

毎年、校内ドッジボール大会というものがあり、

休憩時間や放課後にまで、

みんなこぞってドッジボールの練習をする。

 

それがもう、

苦痛で苦痛で(≧w≦)。

 

私はこんなことを言っているくらいだから、

もちろん、ボールを受け取ったり投げたりはしない。

ただひたすら、恐ろしいボールから逃げるだけ。

 

積極的に参加せずにひたすら逃げるだけだから、

下手すりゃ、最後の一人まで残ったりするような不幸な目に遭うこともある(≧w≦)けれど、

 

ボールが当たって痛い目に遭うのはもっと嫌。

もう、コートの中に入ったら、

恐怖以外の何物でもなかった(笑)。

出来れば最初から最後まで外野に居たい(≧w≦)。

内野になぞ入ったら恐怖の館だ(笑)。

そして、誰も、私にボールを回さないで欲しい。

こちらに、ボールが飛んでこないで欲しい。

それは、ひたすらひたすら、お祈りの時間でした(爆)。

お祈り殆ど叶わず(笑)。

 

 

そんなドッジボール嫌いの私なのに、

何故か、自分の所属するクラスは、

いつもドッジボール強くて

 

私はこんなに弱いのに、運だけはいいのか悪いのか(≧w≦)、

6年生まで全てドッジボール大会で、優勝したでよ・・ ( ̄▽ ̄)。

 

トーナメント戦だから、さっさと負ければ

さっさと帰ることができるのに、

毎年、いつも最後まで対戦することになったという。

 

いや、クラスのみんなは大喜びなんだけどね。

 

私は「あは、あはははは( ̄▽ ̄;)って感じでしんどかった(≧w≦)。

 

 

 

そんな私の子は、(前置きが長かった。ここからが本題(笑))

 

 

ドッジボールが世界一好きだという(笑)。

 

もう、ドッジボールをやるために、

朝も早くから学校へ飛び出して行くし、

休憩時間もずっとドッジボールをやっているというし、

土曜日も児童館に行ってドッジボールをしているという。

 

子は強くて、自分がいるチームは必ず勝つのだという。

ボールに回転をかけながら投げることもできるし、(←私からすると、なんじゃそりゃ!!(≧w≦)という世界(笑))

 

ボールを受けるとき、勢い余ってくるくると回ってコートの外に出てしまい、相手ボールになってしまうことがある、とか言っている。

(←これも、私からすると、なんじゃそりゃ!!という話(笑)。そんな、マンガみたいに、

砂の上に、ズサ~っクルクルって回ってキャッチしようるんか。そんな激しいのか!!Σ(@0@)笑)。

どうりで、ズボンがすぐにボロボロになるわけだ(笑)。

 

 

 

私は、自分はドッジボールが弱いのに、全部優勝して、

子は、自分がドッジボールが強くて、今のところ全部優勝しているという。

なんなんだこれは(笑)。

この話を聴いて、めっちゃおもろいと思った。

 

f:id:happy-v:20160428102307g:plain

 

親と子は。似るとは限らない。

 

 

私の親ともそうだ。

 

私の親は、音楽に縁がなかったし、

両親とも体がものすごく固い。

 

なのに、私は幼少の頃からピアノが大好きだし、

生まれつき、どちらかというと体が柔らかい方だった。

私が今までずっとピアノを弾き続け、

しかも、この年で突然クラシックバレエを始めたことを、

両親は、とても驚いているし、不思議がっている。

 

は?バレエ?と。

何者じゃそれは。ママさんバレーならよく聞くけれど、

クラシックバレエ??どこからなぜ突然??

そんなことをやっている人は、

親戚にも周りにも、どこにも誰もおらんぞと(笑)。

 

趣味や好みは、遺伝とか関係なく、

突然、降ってくるものなのかもしれん(≧w≦)。

しかも、それは、親が与えるとか関係なく、

自分から勝手に見つけ出してくる。

 

 

私の父親が、学生時代、弓道の選手で、

国体3位を取った腕前だと聞いていた。

私もひょっとしたらその血が流れているかと思って(笑)、

私も25歳くらいの頃、機会を作って弓道を始めてみたけれど、

これは、歯が立たず、1年も経たずに挫折した(笑)。

 

 

そもそも私は、

ドッジボールをはじめ、

人と対戦したり、攻撃したり、勝負けがあるスポーツには

根っから向いていないのだと思った。

好きなのは、器械体操や水泳で、

戦って直接相手に手を下す勝負系のものは、ことごとく、好みではなかった。

弓道は、個人種目で、自分との戦いのような種目だから、

大丈夫かと思ったけれど、

これ、そもそも弓矢が「武器」、である時点で、

私には、「違った」んだなぁって思う。

 

今やっているバレエなんて、

絶対人を攻撃しないし(笑)、

プールに行って泳ぐ分には、誰も攻撃しない^^。

こういうのが、私には合っているんだな、と思う。

 

 

 

それに対してうちの子は、

 

みんなでドッジボールをやるのが、

すごく楽しいという。

 

たぶん、私と、見ているものが違うんだろうな。

「勝ち負け」

に対する感覚も、

たぶん全然違うんだろうな、と思う。

 

 

こんなに生き生きとドッチボールを楽しんで、

学校に行くことも楽しんで、

「楽しい楽しい」と毎日言っているのだから、

 

私と違う感覚を持って、

私と違う生き方を選ぶのだろうと、思う。

 

 

私の持っている感覚を、

子に伝承することは、きっとできないんだろうな、と思う、

これだけ感覚が違っていれば尚更。

 

子は子の感覚を持って、何かを学び、得ていくのだろう。

得意分野も全く違って。

 

そういうものなのかもしれないな^^。

 

 

 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/