広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

ヘバーデン結節という指の症状の記事から派生して

「ヘバーデン結節」という、指の関節が痛くなる病気がある。

今の医学では、原因も対処法も不明で、

何も施しようが無いらしい。

 

 

死に至る病では無いけれど、

とにかく「痛い」らしい。

 

これに、数年前からうちの母がかかって、

しょっちゅう痛い痛いと言っていた。

家事をするのに不便でとても困っているようだ。

 

当時は、病名も何も分からず、

私がネット上で検索して病名をみつけたのだけれども、

病名が分かったところで、

「対処法が無い」とされているので、どうしようもなく。

 

最初は1本の指程度だったのが、

他の指も痛くなりはじめ、ついには全ての指が痛くなったりするらしい。

 

私は母には体質が全く似ていないので

自分はならないと思っているが、

ピアノを弾くので、

年齢を重ねたとき、自分も同じように

コレになってしまって

ピアノが弾けなくなるようなときが来たらイヤだなぁ・・と思いながらネット上を漁っていた。

 

そんなとき見つけた記事。

ピアニストが20年前にヘバーデン結節を自力で治したという話。

yaplog.jp

 

ネットを漁っていると、

世の中では「不可能」とされていること、

「常識」だとされていることを、

覆したという記事が、たまに拾えることがある。

 

これは、医学的根拠やデータとかを取ったものではなく、

ただの、一市民の証言かもしれない。

 

だけど、その証言が、

本当であっても、たとえ確証が持てないものであっても、

その記事に出会えたことで、

読んだ人が勝手に希望を持つことができたら、

 

それは意味があるんじゃないかな、と思って、

私は、そういう記事を漁るのが結構好きだ。

そして、自分自身も、時々書いている(^^)。

(「健康マニア」カテゴリとか、「母乳育児」カテゴリとかにね^^)

 

甲田光雄先生が、

不治の病だとされている

脊髄小脳変性症や、筋ジストロフィーの患者さんを救ったという話や、

 

ガンが治ったという話。

 

世の中には、常識とは全然違うやり方をして、

治療方法が無いと言われているものでも、

なんやしらんけれど、治った!

 

っていう情報、実はゴロゴロしている。

 

ネットがなかったら、

知らなかったし、信じなかったし、

医学界で発表されていることが

正解であり全てである、

と思い込んでいたと思う。

 

 

この方が書いていらっしゃるように、

「気にしなかったら」いつの間にかに

気にならなくなった、と、

 

そういうものもあるのかもしれない。

 

 

医学データを取ったわけでも正式に発表されたものでもないけれど、

 

田舎のおばあちゃんがそういえば言うとったわ~。

というような戯れ言レベルのお話の中に、

 

実は、生きる希望が見えたり、

 

何か重大なヒントが見い出せたり。

 

そういうこともあるかもしれない。

 

 

そして、そういう記事を漁っていて、

いつも思うことは、

 

そういうのって、お金がかからない。ってこと。

 

人間の本質や本能に返っていくものが多いから、

大金叩いて何かを買わなければならないとか、

そういうものではなく、

 

このヘバーデン結節の記事のように、

「気にしなくなった」だけだとか、

 

西式甲田療法では

野菜の購入代しかかからないだとか、

自分でできる体操だとか、

 

母乳育児、やり方知っていたら、

寝転んだまま乳あげているだけだとか(笑)。

 

ちょっと知って、ちょっと工夫するだけで、

人生、大きく変わってくることもある。

 

データや根拠をとっているわけではなく、

専門家から指摘されるかもしれないけれど、

採用するのかしないのかは、

読み手の自由。

読み手の責任。

 

これが、ネット時代の利点でもあるのかな、と思っている^^。

 

 

 ちなみに、さきほどの

へバーデン結節

西洋医学では、原因も対処法も不明とされているけれど、

東洋医学では、「腎」が原因だって分かっているんだってね。

前述の、「気にしなかったらいつの間にかに治っていた」

っていう話も、

もしかしたら、気持ちの変化により、

東洋医学でいう、

気・血・水が整ったりして(?)、快方に向かわれたのかなぁ。なんて、ちょっと思ったり^^。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/