広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

さっそく英語日記を書いてみた

So,I try to use Englishヽ(´▽`)/.
Please tell me, when I use strange English.
For the time being,I write a diary how to I want to write , not to conform to English rule.ヽ(´▽`)/

**

When I see my son.
I usually feel jealous.

 

When I was a child, I felt that I don't have to say about my feeling what I like,or not.
I try to not to feel what is my famous.

 

So, I usually eat every food,and not to left.
But my son left foods that he don't like.

 

When I saw it, I was disappointed and feel jealous.
I was not able to say "I don't eat any more ".
I was afraid of getting anger by some adults.

 


But I think, I chose it myself.
So,I get the thing that I want to get.

 

My son is the same.
He chose the his decision.

 

It is not anyone controlled me.
I chose myself it.

He make up his mind to get anger from some adults.
So, I chose the way that adults don't get angry.

 

That's all.

 

We chose our best then.


訳)
そういうわけで、英語を使ってみるでよ。
もし変な英語があったら教えてな。
私はとりあえず英語のルールに構わず書きたいように書くからヽ(´▽`)/。

**

子を見たとき、嫉妬を感じることがよくあるんじゃ。
私が子ども頃は、好き嫌いの主張ができんかった。
だから、好き嫌いを感じないようにしていた。

だから、食べ物も、残せなかった。
でも、子は、自分の好きでないものが出ると残す。

その様子を見ると、私はがっかりするし、
うらやましくも思うんじゃ。
私は、「もう食べられん」と言えなかった。
大人たちに怒られるのが怖かったから。

 

でも、思うんじゃ。
これも選択よね。

 

私は怒られるのが嫌で、それを選択した。

子も同じ。
子自身の選択。

 

誰かが私をコントロールしたわけではなく、
私の選択なんだ。

 

子は、大人に怒られるのを覚悟している。
私は、大人に怒られない方法を選んだ。


それだけのこと。

 

二人とも、そのときの自分のベストを選んだだけなんよね。

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/