/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

『アミ小さな宇宙人』エンリケ・バリオス著。さくらももこ挿絵

この本↓を読んで撃沈したので(≧w≦)、 

 

この本なら分かるかもよ、と教えてもらって

読んでみた。 

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

 

 

読んだ後、心がぱぁ~っと暖かくなるような感覚があった。

 

そのうち、地球にも、こんな愛の世界が来る。

 

そんな気がした。

 

争いも、憎しみも、競争も無い。

お金とか、そもそも「所有」とか「独占」とかいう概念が無い。

 

心から愛に溢れている。

 

 

私も、こんな世界に生きたいなぁ。

こんな風な生き方をしたい。

 

この本は、とても読みやすくて分かりやすかった。

 

 

スピリチュアルとか、精神的なものとか、

そもそも霊感みたいなものが全く無くて(ᵔᗜᵔ*)、

こういうのにまだまだ疎い私だけれど、

 

 

この本は、分かりやすくて面白く読めた。

挿絵がさくらももこなのも、親しみが湧く。

 

 

なんだか、描かれている愛の世界を読んでいると、

今の自分の価値観、今の自分の考え方を、

根底から揺るがされるような、

不思議な感覚があったが、

 

これ、長い年月をかけて、地球は、到達できるのではないかという気もした。

そうあると、願う。

 

恐れの無いところには、

争いも、競争も、

必要ないよな~。

 

 

 

このシリーズ、まだ続きがあるようなので、

また借りてこようと思う(^-^)。

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/