広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

ゲスゲス三部作(笑)。

 まだまだゲスゲス言いようるで~(≧w≦)。 

 

前の記事2つ。

 

 

 

心理学を学ぶということは、

ゲスくなるということなのかもしれない。

 

ゲスくなる=人を信じられるようになる。ってこと。

 

人が、心理学の学びからフェードアウトするときって、

ゲスくなるのが怖くなったときなのかもしれんなぁ。

とふと思った。

 

学んで学んで、どんどんゲスくなる人を見たり、

既にゲスい人を見ては、

「こうはなりたくない」、と思った人は、

それ以上、この道を突き進む足を止めるかもしれない。

こうあってもいいんだ。むしろ、こう成りたい、と思った人は、

いつまでも突き進もうとして学び続ける。

 

どちらが良いとか悪いとかではなくて、

ただ、そういう傾向があるのかも、と思った。

 

 

 

 

子どもの頃、母が、

世の中のきちんとしていない人、迷惑をかけている人、ずぼらな人に対して

裏で何度も何度も批判しているのを聴いて、

 

私は、人に批判されるような、

そんないい加減な人になってはいけない。

そんな迷惑をかけるような人にはならないでいよう。

 

と、何度も何度も思った。

 

 

それが今、私の中では真逆になっている。

 

あの頃、あのおばさんのようにだけはならないようにしなきゃ!と思った人こそが、

神であったと。

今はお手本であり、尊敬する。

 

 

その人たちは、どれだけ人を信頼していたのかと。

 

 

これが分かりやすい↓。

ameblo.jp

みんな、失敗するし、迷惑かけている。

それが当たり前。

 

自分は人に迷惑をかけていない、と思っている人は、

自分が気が付いていないだけ。

 

 

 

あぁ私は、自分が昔、

こんな風にだけはならないでいたい、

と思っていた像に、まさになろうとしている。

自ら望んで(笑)。

 

そうなるとは、夢にも思わなかった。

 

でもこれが、私の、

強く生きる道だと思う。

 

ゲスい=迷惑

じゃない。

 

どこまでもどこまでも、深く、

信じて助け合う心。

 

 

こっちの世界を知ることができて、

よかったと思っている(^-^)。

 

きっと、あのおばさんたちには、世の中は、

優しい人ばかりが見えていたんだろうな。

今ならそう思う。

f:id:happy-v:20170626105545p:plain

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/