/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

『頑張らなければ、病気は治る』樺沢紫苑・著 エリザベスキューブラロスの本が根底に

 この間、この本を読んで、この方が気になって、

この方の本を借りて何冊か読んでいる。 

 

 

今回図書館で借りたのはこの本。

頑張らなければ、病気は治る

頑張らなければ、病気は治る

 

 あとがきを読んで知ったのだが、

スピリチュアル系精神科医のエリザベス・キューブラロスの本を参考文献として使用して書いた本とのこと。

 

エリザベス・キューブラロスの本は、

読んだとき、あまりにも今の自分とかけ離れた内容で、

そのときは、まだあまり引き込まれなかった。

その時は、中盤以降、ざっと斜め読みをして終わったのだけれども、

この本は、同じような内容でも、

日本人が書いているからなのか、

分かりやすく、引き込まれた。

 

病気も、物事も、

遭遇したときには驚いて、認めたくない受け止めたくない、

そんなこともあるけれど、

 

認め、受け止めて、共生する。

 

結局、生きている間は、何事も、その連続なのかもしれないな。

 

そんな風に感じた。

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/