/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

「好ましくない部分」には注目しない広島人気質 広島カープファン考

私は、生粋の広島人なんだけれども、

競争モノがあまり好みじゃないから、プロ野球自体にあんまり興味がなくて、

広島カープに対しても、別に好きでも嫌いでもない。

 

敢えて言えば、カープが優勝したら、地元銀行の利率が上がるのがうれしいことくらい(笑)。

 

でも周りは、子供のころからカープファンだらけ。

すっごい根っからのカープファンだらけ。

熱狂的なファンだらけ。

広島人=カープファン

という感じで、みんな、当たり前のようにカープファン。

 

(あまりにもカープファンが多すぎることに辟易した弟は、

敢えて巨人ファンになったケド(笑)。)

 

 

 

うちの父もすごいカープファン。

 

ただ、うちの父には顕著な特徴があった。

 

いつも、静かに見る。という。

 

カープの話を家族にすることもなく、

どの選手がよいだとかどの監督がどうだとか、

勝っただとか、負けただとか、

カープのことを何も言うこともなく、

ただ、静かに、全試合を、もれなくテレビかラジオで観戦する

 

ただひたすら、静かに。

 

シーズン中は、家の中は、

ただひたすらカープの試合の音が流れ続ける。

 

 

 

そんな父に、ある法則があることを、

家族の者が発見した。

 

カープが勝った翌日の朝は、テレビをつけて、

カープが負けた翌日の朝は、テレビをつけない。ということ。

 

 

そう。父の楽しみ方は、

ひそかに、

 

好ましいに注目して、好ましくないに注目しない

 

楽しみ方だったんだ。

 

 

負けた日は、注目せず、

テレビをつけない(笑)。

 

 

それは、私の父だけの特徴かと思っていたら、

 

 

 

 

昨日耳にした話。

 

 

カープがこの度リーグ優勝したけれど、

その後に、日本一を決める試合(?)で、負けたんだってね。

 

その翌日、

職場のカープファンの人たちは、

だ~れも、その話に触れない。っていう話をバレエ教室で(笑)聞いた。

 

そう言われてみれば、

私も、もともと、そんな試合がいつあったのかすら知らなかったのだけれども、

うちの職場でも、誰も、

触れていなかった。

 

だから、私はそのことを全然知らなかった。

 

広島カープファンは、

負けた時は、触れない傾向にあるのか。

 

好ましくないことには、注目しないのかもね。

 

そして、優勝したときは、街をあげて、市をあげて、大騒ぎ!!

 

どこのお店もデーパートも、バスも電車も、

駅も、

カープ一色、真っ赤色!!

 

どこのお店に入っても、郵便局に行っても銀行に行っても、

みんなカープのユニフォーム着ているし、

パレードするし、

 

すごい盛り上がりようヽ(´▽`)/。

 

 

それが、負けた時は、

 

何もなかったかのような、

誰も触れず、

静かに。

いつものたたずまい。

 

 

なかなかやるな(*'ω'*)。広島人。

 

好ましいことには思いっきり注目するけれど、

好ましくないことには注目しない。

意識せずとも心理学の王道をやっているではないか。 

 

f:id:happy-v:20171105182740p:plain

f:id:happy-v:20171105182740p:plain

いや、二つも画像いらんて。笑



 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/