/*リンクは別ウインドウ*/

広島発・弁護士事務所事務員の母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

「お母さんのせい」の正体

友達のFBの記事。

 

写生大会があって、子どもが入賞しなかったらしい。

そしたらお母さんのせいにされたらしい。

 

今朝の我が家の話。

 

朝、子が早起きできなかった。

そしたら私のせいにされた。

 

 

あぁ、子どもは、自分で事実を受け入れられない瞬間、

人のせいにすることで、

自分を守るんだな、と。

 

そうしないとやっていられなくて。

 

あぁ、これ、子どもなんだ。

子どもは、失敗したと思った瞬間、人のせいにするもんなんだ。

子どもだからしょうがないんだな。って思った瞬間。

 

私もず~~~~っとやっていた!!!

 

ず~~~っと子どもだったと、気づいた(≧w≦)。

 

 

私、過去の失敗、ずっと人のせいにしていたモノがある!!!

いや別に、それ、失敗でも何でも無い。

でも、本人にとっては失敗で、

あちゃ~~~(≧0≦)ってなった瞬間で、

どうしようもなくて、

瞬間的に、人のせいにしたくなる

 

 

あぁ、これ、いいんだ、って思った。

 

瞬間的に、責められた!!!と感じた私は、

今日は大人げなく(笑)、反撃してしまったけれど(笑)、(←したんかい)

 

これ、誰でもやりたくなるし、やってまうし、やってもええわ。

と後から思った。

 

だってそうすることで自分を守りたいんだもん。

 

 

それで、攻撃された方は、

別に、それ、受け取らなくてもええ。って話。

 

あちゃ~!と思って、失敗したと思って、

人のせいにしたいんやな。

子どもやな。

 

それでええわ。

 

私もずっと子どもだった。

 

ずっとずっと、人のせいにしていた。

自分でその失敗、抱えるのが重くて。

 

重かったんや。

しょうがないわ。

 

人になすりつけようとしてたわ。

それでよかったのかもしれん(笑)。

 

なすりつけられて、それを受け取るかどうかは、

相手が決めること。

 

なすり付けられても、引け目や罪悪感がなかったら、

なすりつけられることなく、

「子どもやな・・」となすりつけを振り切ることが出来る。

 

なすりつけられて、まともに反撃したくなったらそれは、

自分の中に、どこか、引け目があったとき。

罪悪感があったとき。

 

 

写生大会で絵を描いたのに、入賞できなくて、

「お母さんのせい!!(T0T)」とだだこねている小っちゃい子って、

なんか、カワイイよな。

(当事者でなければ何とでも言える(笑)。)

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/