/*リンクは別ウインドウ*/

広島発・弁護士事務所事務員の母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

『銀のアンカー』三田氏シリーズをまた読み始めた。

青少年センターに、『ドラゴン桜』『エンゼルバンク』『銀のアンカー』

三田さんシリーズが全巻置いてあるんだ。

 

前の2種は読破したので『銀のアンカー」を読み始めた。

やばい。またこの世界(笑)。

 

 

コワイコワイいいながら、読まずにはいられないこういった世界(笑)。

私、こういった競争世界に、いつも片足突っ込んでは中途半端に経験し、

 

結局、蓋開けてみたら、

 

こういった世界に足をつっこまなくても入れる世界に入っている。

いつもそう。毎回そう。

 

ここに描かれているような世界。入りたくても入れなかったりして、

でも、似たような体験、疑似体験みたいなことはモロにやっているので、

ここに描かれているような通り一遍の受験勉強も、就職活動も、

全身全霊を投入してガシガシやったわ。

 

んで結局いつも、ガシガシやらなくても行けたじゃんっていうようなところに

納まって、

あのガシガシはいったい何だったんだろう・・・・って

なったりしてた(笑)。

でも結局、自分の納まった所が自分にとっては楽で快適なところで、

自分に一番ふさわしいところだったというね(笑)。

 

 

 

知らない人は、きっと一生知らなくても経過する世界なんだと思う。

うちの子は、たぶん、これからも、こういった世界に全く興味を示さず、

そのまま経過するんじゃないかという気もする。

うちの夫も、全く経験せずに、殆ど知らずに来ている。

それでも全く問題なく、社会人になって生活している。

 

 

なんなんだろうなぁ。

東京ではこれが標準なのかもしれないし、

それに近い世界も地元の一部にもある。

 

こういう世界があることを、

知っている人も居るけれど、

全く知らずに来ている人も居る。

 

 

でも、知って知らなくても、

結局、納まるところに納まるのかもしれないなぁ。

どんなにもがいても、もがかなくても。

 

 

受験勉強も、就職活動も、

もう終わった身だけれど、いまだにこういうのを読むと、

うは~!!となって、読むのが止まらなくなる(笑)のは、

やっぱ、こういう世界に何かしら興味があるってことなんだろうな。

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/