/*リンクは別ウインドウ*/

広島発・弁護士事務所事務員の母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

量子力学と心理学のコラボ講座の予習代わりに、量子力学のマンガを読んでみたよ!!

量子力学引き寄せ講座」の配信は一週間ごと。

次の配信までまだ日数があるのだけれども、

なんだか待ちきれなくて(≧w≦)、

 

図書館で、量子力学の本を借りてきたよ!

本格的なのは難しいだろうから、マンガも入っているもの。

 

量子力学引き寄せ講座」の予習代わりに読んでみた(*'ω'*)。

 

もう、なんかしらんけれど、

今、これがめっちゃおもろい!!!!

 

本を読んで学んだこと、感じたこと、

いつものようにアウトプットしてみるね。

 

私が勝手にインプットして勝手にアウトプットするものだから、

きっと、間違えているかもしれないこともたくさんあると思う。

 

ただ、一回さらっと目を通しただけの感覚だけれども、

 

この、間違えているかもしれないことさえも、

「間違えであるか、間違えでないか、どっちか分からんけれども、

何が正解なのかは分からないのだから、どっちもいいよ。」

という考え方こそが、量子力学なのかも!!!

 

と、本の内容を解釈したら、

ちょっと鳥肌立った!!

 

おっと、早くも、「心理学と量子力学」のコラボ来た!?ヽ(´▽`)/ 

って思った。

哲学っぽくもあるかも!?

 

読んだ本はコレ。 

マンガ 量子力学―この世を支配する奇妙な法則 (ブルーバックス)

マンガ 量子力学―この世を支配する奇妙な法則 (ブルーバックス)

 

絵が一部の理系男子の好みそうな感じだけど(笑)、一応、ブルーバックスの新書。マンガもあるけれど、文字での解説もある。

 

数式とか難しいところはよく分からないので飛ばし読み。

数式はイラストだと思って見ていればいいって他の本にも書いてあったし(^^)、なんとなく目に入れる程度で。

全く初めての私でも、なんとなく、ほぉう!!!と思った箇所があったので、飲み込んだことだけアウトプットしてみるね。

 

量子力学の本って、

文字だけの新書、数式だらけの解説のものばかりで、

これを専門に学んでいる人向けの難しい本ばかりかと思ってたけれど、

最近は、こうしてマンガにしてくれている本もたくさんあって、

嬉しいね!!

 

f:id:happy-v:20160428102304g:plain

 

 

まずは、私がなんなんだろう~って思っていたのが、

量子力学」とか「量子物理学」とか「素粒子物理学」とか

色々名前を聞くけれど、

これらって同じことを言っているの?別物??

 

そこからして、疑問だった。

 

「物理学」という大きなジャンルの中に、

素粒子力学」というものがあるのかな?と、なんとなく理解していたけれど、それはそれで、合っているのかな。

 

そもそも、私たちが学校で学んだ「物理」っていうのは、

ニュートンが発見した「古典力学」らしい。

慣性の法則とか、

・作用反作用の法則とか

・運動の法則、とか。

単語がなつかしいね!!!ヽ(´▽`)/。聞いたことあるね!

 

これに反して、20世紀以降に発見されたのが、

量子力学」。

 

この本では「素粒子物理学」については書いていなかったので、

これはまた別の分野なのかな。

 

私たちが「物理、物理」って言っているのは、

これら全部の総称なのかもね。

昔はニュートンの物理学だけで全てを説明していたので、

それを「物理学」って呼んでいたけれど、

なんだか新しい考え方も発見されたよ!ってことで、

今までの考え方を「古典力学」、新しいものを「量子力学」って

呼ぶようになったのかもしれないね。

 

んで、両者の大きな違い。

ざっくりと言うと、

 

古典力学=動かない。固定

量子力学=変動する。不規則、状態は確率でしか決まっていない。

 

これだけ見ると、なんじゃそりゃ?

って感じもあるかもしれないけれど、

一通り読んだら、これ、この文字打つだけで、

なんかワクワクしてくるよ!!

 

学校で習ったニュートンの力学。

こうやったら、こうなる

っていうのが決まっていた。

法則にのっとって、

動かないものは、そのまま動かないし、

動き始めたものは、そのまま動き続ける。

 

でも、それを、もっともっと小さい小さい世界で見ると、

(←このへんまだよく読んでいないので理解は後に回す)

量子力学の観点から見ると、

「物事の状態って、「確率」で決まっていて、変動する」、

らしい。

 

変動する。

 

「こうしたら、こうなる」ではなく、

「こうしたら、こうなる、とは限らない

こうなるかどうかは確率の問題。

 

そして、どっちか分からないけれど、

意識したとたんに、どっちなのか決まるよ

 

っていうものらしい。

 

 

なんじゃそりゃ???

意識したとたん?

 

 

これを証明した実験として、

シュレディンガーの猫」っていうのがあるらしい。

名前はどうでもいいんだけど(笑)、まぁ、猫ちゃんを使ったなんか、

なにそれ???っていうグロそうな実験(笑)。←グロそうって勝手に思ったのは私^^.

 

なんかよう分からんけれど、

箱の中に、一匹ずつ猫ちゃんを閉じ込めるんだって。

箱ごと、なにかに放り込んで、〇の方向に行くか、×の方向に行くか。

〇の方向に行ったら助かるけれど、

×の方向に行ったら、毒ガスが出て、猫ちゃんあの世行き。

って実験。。。

 

なにその実験、おいおい・・・そんな実験しかなかったんかいな'(^^;)

って思ったけど、続きがある。

 

実験の後、猫ちゃんが、生きているか、あの世にいっちゃったかは、

箱を開けて確認するまでは分からない。

 

箱を開けて確認するまでは分からない。

 

箱を開けて確認するまでは、分からないんだよ。(3回言った!笑)。

 

確認しなかったら、分からないんだよ。

確認したら、分かるんだよ。

 

調べることで、物事を確定させてしまうんだよ。

 

ここ、「は?」って感じ!!

 

調べることで、確認することで、意識することで、認識することで、

物事は決まる。

 

猫ちゃん生か死か、どっちか分からないけれど、

意識したとたんに始まる世界。

 

観測者が、意識したとたんに、確認したとたんに、

どっちか分かるんだよ、どっちか決まるんだよ。

それまでは、決まっていない、何にもない状態。

 

 

・・・

 

 

 

は??何???哲学???

って感じでしょーー!!

 

なんか、うお~~~!!って思った(笑)。  

 

 

ちょっと違うかもしれないけれど、もしかしたらこれ、

 

何も知らないうちは、日常なのに、

ある事実を知ってしまったがために、

世の中の事象は全く変わらないのに、

自分の見える世界が全く変わってしまった。

 

っていうやつ???

 

昨日と全く同じ一日のはずなのに、

夫の不倫を知ってしまったら、世の中全部が敵に見えるようになったとか、

(←もっとええ例がないんかいな(笑))

試験の合格発表を見て、不合格だったら、一瞬で世の中真っ暗になったとか。

 

知らなかったら、昨日と同じ一日のはずなのに、

知ってしまったがために、世の中変わってしまったように感じられるという、

 

これみたいなもん??

 

てことは、その逆も言えるよね。

 

意識したとたん、お花畑に行ける、天国に行ける。

 

自分は愛されていることを知るだけで、認識するだけで、

昨日と同じ一日なのに、世の中バラ色になったりする。

 

 

これのこと~?これのこと~??

 

私の勝手な解釈だから、合っているかどうかわからないけれど、

合っていようと合っていまいと、

 

「絶対的な固定」って無いのだから、

変動しているのだから、確率の問題なのだから、

 

どう考えても答えが無いし分からないのだから、

どっちでもええじゃんヽ(´▽`)/

 

ってのが量子力学みたいだから、

 

どっちでもええんだよ。きっとな(*'ω'*)。

 

 

 

 

 

なんか、よう分からんけれど、

めちゃおもろいな!!!!

答えって無い。ほんま、哲学のような世界。

 

なんかね、これ深めていくと、

もっともっと、自由に生きられそうじゃね!

柔軟な考えができそうじゃね!!

 

f:id:happy-v:20180310064629p:plainニュートンさん^^    

 

 

      

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/