/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

鹿児島でキャンプと砂浴をしてきたよ。

GW後半は鹿児島の南端。指宿(いぶすき)へ行ってきたよ。

九州新幹線で広島から鹿児島までぐる~っと一本。

簡単に、旅行記。

I went to Ibusuki that rocated in south of Kagoshima prefecture.

I rode Kyushu shinkansen from Hiroshima to Kagoshima only one line.

I will write about my trabel in my diary easily.

 

1)まず新幹線の話。

For the first time, I will write about Shinkansen.

 

何気に気づいたんだけれども、

新幹線の日本語アナウンスの人って、STEP講座のテープの女の人と同じ人じゃん!

聞き慣れた声だから、すぐに分かったよ。

STEP仲間のみんな知ってた?

九州新幹線だけかと思ったら、山陽本線でも同じだった。

In the shinkansen, the Japanese announce was spoken by a woman who is a speaker of STEP psychology course.

I find it soon.
Did you know it?

It was the same Kyushu Sinkansen as Sanyou honsen.

 

 

新幹線さくら一本で、鹿児島中央まで乗りっぱなし。

時間としては、

在来線で岡山行っているのと同じくらいの時間で着く(^^)。

Only one line.

I went to center of Kagoshima station.

It takes about the same time as I went to Okayama  by a local train.

 

 

2)鹿児島の指宿(いぶすき)は、

今、大河ドラマの「西郷どん」の地でもあるから、

西郷どんで盛り上がっていたけれど、

大河ドラマ見ていない我が家は、この点はあんまり盛り上がらす(笑)。

The city of Ibusuki is famous for Saigo Takamori.

 

この地は、「砂浴」で有名らしくて、

私は、これを一番の楽しみにして行った。
This area is famous for sand bath.

I was looking forward to enjoying it.

 

米ぬか酵素風呂とか、おがくず酵素浴とか、

こういった埋めてもらう系統のリラクゼーションが大好きで、

たくさん経験済みだけれども、

砂浴は初めて。

Rice bran enzyme bath and Sawdust enzyme bath and so on.

I like that kinds of ralxation facilities.

I have tried several times.

But I met sand bath for the first time.

 

米ぬか酵素風呂とはだいぶ感覚が違ったよ~。

入った途端すぐに、手首とか足首とか全身の脈が、

ドクドク波打つのを、感じた。

It was very different from Rice bran enzyme bath.

My pulse beated.


うわ~。すごい~。なんだこの感覚~と思いながら、15分。

I layed about fifteen times.

 

ものすごい気持ちが良かった。

砂が、結構重いのね。

またその重さも心地よい。

It was very comfortable.

 

これは、ものすごいデトックスになること間違いないって思った。

I felt that it must have a great effect getting out of poison.

 

これ、全国でもできるところ、少ないけれど、

これは、何年かに一度でも、やりに来たくなるなぁ、って思った。

もう、今回の旅は、これだけでももう大満足。

There are few facilities such as  in Japan.

But I want to do often.

 

 

有名な施設は、GW中ということもあって待ち時間が1時間とかだったらしいけれど、

うちは、キャンプ場の宿泊施設内の砂浴に行ったから、

混まずに体験できた。

f:id:happy-v:20180506182949p:plain

 

3)キャンプ場の話

車無しでオートキャンプ場に現れるから(笑)、

ときどきびっくりされるんだけど(*'ω'*)、

 

我が家ではいつものこと。

 

いつも、施設まで専用の送迎バスのあるキャンプ施設を利用している。

だいたいキャンプ場って、車でしか行けない所が多いからね。

専用送迎バスは、とてもとても助かる。

 

この「てぶらでキャンプ」というプラン。

 

 

もう旅慣れてきたから、

もうこのプランでなくて、

常設テントのレンタルと、送迎だけでいいかな、とも思う。

 

旅慣れてくると、

どんな状態が自分たちに一番快適か、

だんだんわかってくるね。

 

 

今回は、鹿児島の南の端っこ。

海辺から見た日の出が美しかった。

こういうのが、キャンプの醍醐味。

地球の美しさを、自然の美しさを、時々見に行く。

これが、私の楽しみ。

 

 

4)鹿児島の在来線内で子がヒーローになった話

指宿から鹿児島中央へ快速JRで帰っているとき。

J車内に、大きなアブか蜂が入り込んだ。

 

みんなが恐れおののいて、車内、軽いパニック状態。

窓を開けても逃げていかないし、

どうすべどうすべ、と、大人たちが手をこまねいていた後、

虫の扱いが得意なうちの子が、おもむろに虫かごを使って、それを追い出した。

車内に拍手が沸き起こって、車内に一体感が生まれたよ~^^。

うちの子、軽くヒーローになったわ。

 

虫が平気なのって、こういうとき、とても役立つね^^。

 

5)人生の楽しみ方を知ったよ。

5年位前まで、

キャンプなんて学校の野外活動でしか経験したことの無かった私が、

こうしてどんどんキャンプにはまっていって、

 

人生の楽しみ方を知っていった。

 

人生、いつどこで、どんな風に変わるか分からないね。

 

行きの新幹線の中、JRの中で、本を読んだり勉強したりすると、

めちゃくちゃはかどる、というのも、

私が見つけた独自の楽しみ方。

 

みんなそれぞれ、自分の楽しみ方を

見つければいい。

自分が、自分の楽しみを楽しめるようになって、

人の楽しみも、認められるようになってきたような気がする。

どんな種類の楽しみもいいんだと(^ω^)。

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/