/*リンクは別ウインドウ*/

広島発・弁護士事務所事務員の母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

潜在意識と顕在意識の第3作目。

前作に続く。 

 

  

 

前2作を書いていて気づいた!

私、

一つの願いに対して、顕在意識潜在意識との間で、矛盾する願望を持っていた時、

その願いはは確かにいつまでもいつまでも叶わなかったけれど、

潜在意識でのメリットが、全く無くなったとき

いつの間にかに最初の願いが叶っていたと。

 

その一つが「健康」のこと。

数年前まで、体が弱くてとても病気がちだった。

そのときの私は、

「健康になりたい」という願い(顕在意識)と同時に、

「病気がちでいた方がなにかと良い」(潜在意識)

という相反する思いが確かに同居していた気がする。

当時は分からなかったけれど、今なら分かる。

そんな馬鹿な!って思うし、

そんなはずはない!って思うけど、それこそが、自分で気づいていない「潜在意識」ってことなんだよね。

 

今、別人のようにとても健康に丈夫になって、

毎日飛び回って遊びまくっているのは、

 

今、病気がちでいるメリットが、本当に本当に全く無くなった

からなのかもしれない、って思うんだ。

 

むしろ、こんなに世の中楽しいことがたくさんあるのに、

病気をして寝込んでいたら、

勿体なさすぎる!!

 

病弱でいるメリットは全くない!!!!

病弱だと本当に困るんだ!

 

そうなったら、

病気にならなくなった。

 

f:id:happy-v:20160428102305g:plain

 

「悩み」も一緒だと思う。

 

悩みがあるってことは、

「悩みをなくしたい」っていう「顕在意識」と同時に、

悩みがあることで、何かメリットがあるんだ。きっと。

自分では、そんな馬鹿な!って思うけれど、

それは「潜在意識」だから、自分では気づいていないだけで。

 

「悩み」があるメリットが、無くなったから、

私も悩みって、無くなった。

「悩み」って、要らないって、自分で分かったんだ。

 

 

 

 

 

んで、これは、今気づいたんだけれども、

確かに、顕在意識が持っていた願望と、潜在意識が持っていた願望

には、共通の目的、本当の目的

っていうのが、あったわ!

 

それが、もう今では全く問題ではなくなっている!!

 

 

私の場合、その「本当の目的」を解決しようと意図したわけではなく、

たまたま、

時の流れとともに、

状況が変わって、問題ではなくなった

というだけなのだけれども、

 

潜在意識が求めていたこと。

潜在意識の中でのメリット。

 

「病気がち」だと、「悩みがある」と、

心配してもらえる。とか

気にかけてもらえる。とか

 

状況の変化により、

そういうメリットを求める必要が、全く無くなったんだ。

 

そしたら、「病気」も「悩み」も無くなった。

 

 

欲しくないものがまだ「ある」「そこにまだ存在している」ってことは、

まだそれは自分には必要だから「ある」ってことなのかもね。

 

必要なくなった時、

メリットが全く無くなった時、

意図せずとも、

いつの間にかに、最初の願いって叶っているのかも。

f:id:happy-v:20180502205433p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/