/*リンクは別ウインドウ*/

広島発・弁護士事務所事務員の母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

どんな自分をも認めてくれる全知全能の神

どんな自分をも認めてくれて、
どんな自分をも応援してくれて、
失敗も、問題も、
どんなに転んでも、大丈夫だよと、
信じてくれる人。
何があっても味方でいてくれる人。


そんな人と出会いたいよね。
そんな人と仲間になりたいし、友達になりたいよね。



これ、一番最初は、
家族に求めるよね。


でも、気づいたのだけれども、

家族って、
一番これに近いようで遠いこともあるってこと!!!


かえって、他人の方が、
自分のありのままを受け入れてくれる、
どんな自分をも大丈夫だと言ってくれやすいこともあるのかも。


親族は、
自分が問題にしていないことまで問題にして指摘して来たりする。

一番の味方のようで、一番の障壁となることもある。



何でかというと、


家族は、血縁者は、近すぎるから!!
自分と一心同体に見えやすいから!!


他人だったら「よかよか^^」とスルーできることも、
家族がやっていたら我慢できぬ!!(憤怒)

ってなるのは、

家族の行動=自分
  ↓
・自分が世間から(親から)怒られる
・将来、失敗するであろう姿を、とても見ていられない

ってどこかで思っているからなのかもなぁ。


それ、「問題だと思っているその人(家族)の方の問題」なんだけどね。


自分が問題だと思っていないことを問題視されるのって、
あんまり気分が良いものじゃないよね。




これ、他人の家族の行動だったとしたら、
「将来大物になるで!きっと!(^0^)」とかって見ていられるし、放置できやすい。

ぶっちゃけ、他人のお子ちゃまや家族がどんな風になろうと、
自分は責任取らなくてもいいから(爆)。
それに、距離を置いて見ることが出来るから。


てことは、自分の身内の行動には、自分が責任を取ろうとしているってこと!?


そういうこと。







家族も、血縁者も、決して私と一心同体ではない。

どんなに分かり合おうとしても、
自分ではない。
コントロールできないものなんだよね。
いくら死ぬまで責任取ってあげようとしたって(笑)、
責任の取りようがない。不可能なことなんだよね。



どんな自分をも認めてくれて、
どんな自分をも応援してくれて、
失敗も、問題も、
どんなに転んでも、大丈夫だよと、
信じてくれる人。
何があっても味方でいてくれる人。

というのは、結局は、究極は、本当は、
自分だけのだと。



血縁があろうとも、夫婦であろうとも、
親子であろうとも、

全知全能の私の守り神ではないということ。



その辺の線引きができていないとき、
関係が近ければ近いほど、
お互い、コントロールしたくなる。

いっそ、赤の他人とのほうが、
ほどよい距離感で、ほどよい信頼感を保ちやすいのかもしれない。

まぁ、この人大丈夫でしょ。って思える。






どんな選択も、
「そうすることにしたんだね」と。

もしかしたら遠回りかもしれない、
余計に転んで泣くかもしれない。
転んで泣いた様子を見て、自分も泣かされるかもしれない。

でもそれも含めて、
その人の選択を、
その人の責任の取り方を、


認めることが、
自分に対しても、家族に対しても、
最大の、「認める」って行為なのかもしれないなぁ。

 

f:id:happy-v:20180407192208p:plain

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/