/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

遅ればせながら『逃げ恥』

かな~り世間に遅ればせながら『逃げ恥』を読んだ。

 

 

図書館で予約して、約1年位待ち。

その後、8巻までは一気に届いたけれど、

最後の9巻が届くまで、さらに半年ぐらい待ち(笑)。

 

やっと全部読めた^^。

 

 

奇妙な題だけれども、一体なんの話なのかと思っていたら、

契約結婚」の話なんだね。

 

 

これは、時代を反映して、話題になるのも分かる気がした。

 

これからは、

レールに乗った決まり切った生き方だけではなく、

自分で考えて、自分の生き方を自分で決めていく時代。

 

答はひとつじゃなくて、

それぞれが、それぞれの方法を、模索していく時代。

 

 

子どもの教育界でも、よく言われていることだけれども、

 

まさに、それを表している作品だなと。

 

人がやっているのと同じことを、

何も考えずに、

思考停止して、

エスカレーターに乗ったような感じで

自動的に生きていく時代は、

 

もう終わりなのかもしれないね。

 

 

一つの価値観に沿って、それにみんなが当然のように合わせていく時代は終わって、

それぞれが考えて、話し合いながら、自分たちに合った生き方を確立させていく時代。

 

 

みんなと同じように、決まりきった生き方をするのが当たり前で、

それから外れると、

恥ずかしすぎて生きていけない、

というような時代は、終わりなのかもしれないなぁ、と。

 

そんなことを思うと、

私たちの親世代がいまだに拘っている

戦後世代の価値観とは、全く違うな、と感じる。

 

 

「世間の常識」が答えだから、

自分の意見は、押し殺して、言わない。

そもそも、自分の意見を発生させること自体を行わない。

 

そんな時代から、

 

自分の意見、自分の考えを言わないと、

どういう風に進んでいくのか、作ることが出来ない時代に、

 

なっていくのかもなぁ。

 

 

しかも、自分の価値観を、それぞれの考え方を、

一人で抱えていくんじゃないよ。

伝えあって、共有して、一緒に作り上げていくんだよ、と。

 

作品の終わり方はそんな感じだった。

 

少女漫画らしく、

気持ちのよい読後感だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/