/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

与えられた環境の中で生きていく力

子が歩き始めたとき。

 

事前に、歩く練習をするための手すりや、何かつかまるものを、

用意しなければならないのかと思っていたら、

 

そこらへんにあるものを、適当にみつくろって、

勝手に歩き始めた。

 

それは、そこらへんの棚だったり、おむつの袋だったり。

でも、何も用意しなくても、うまい具合にちょうどよい高さのところを探して伝って、

ひとりでに歩けるようになった。

 

この時思った。

 

子どもは、自分で、今ある環境の中から、

生きていく方法を、自分で見つけ出すことが出来るのだと。

 

私たちが子供の頃、「歩行器」という名の、

子どもを歩かせるための機械があったけれど、

そんなものも要らない。

どんな環境でも、どんな家に住んでいても、

歩く時が来たら、赤ちゃんは歩くんだな!と。

 

家が散らかっているから、歩かない、とか、

部屋がこんなだから、赤ちゃん歩けるようにならなかった、

とかって、無いんだ!と。

 

 

どんな環境を用意していても、

その環境で、子どもは生きる。

 

自分もそうだったように。

 

子は、自分の育つ環境を選べないかもしれない。

この親を選んで来た覚えが無いかもしれない(笑)。

 

でも、どんな環境でも、

何を生かし、どれを使って、どれを使わないか、

選んで生きていくことが出来る。

 

そりゃ、最初は、失敗もたくさんするかもしれない。

うまいこと選ぶのに、時間がかかるかもしれない。

 

けれども、

生きる能力を持って生まれてきているんだ。

 

 

そう思うと、

親が、子に、与えるものが不十分でも、

 

大丈夫なのかもしれないな、と思う。

 

親は躍起になって、

子に先先与えなくても、

大丈夫なのかな、って思う。

 

 

与えられた状況で、

この状況の中で、

自分を生かすためにはどうしたらいいか、

自分で考えて見つけ出す能力。

 

そういうものを、磨いて行って欲しいと思う。

 

f:id:happy-v:20180211081624p:plain

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/