/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

15年前の小説は、時代遅れ感が半端なかった【Bookレビュー】

久しぶりに小説を読んだ。

 

少し前に、実家から引き取った私の文庫本本棚の文庫本約130冊の中に、

私が買った覚えの全くない小説が、一冊紛れ込んでいたんだ。

 

私は、明治大正時代の文豪の小説が好きで、

そういう作品ばかり揃えていたのだけれども、

 

絶対私が買わない、最近の作家の、

(最近の作家の本は、もっぱら図書館で借りるのでね^^)

しかも、「ドラマ化された」という帯が付いている小説。

 

なんでこの本が、ここにあるのか??

 

私の実家家族は、私以外、殆ど本を読まない。

だから、買うはずが無いし、私の本棚に入れるはずもない。

 

私が気分が変わって突然買ったのだろうか???

・・・全く記憶にない。

本の出版年を見ても、約15年前。

15年前といえば私も実家を出ている。

 

弟が試しに買ったのか?いや弟も実家を出ていたし、いややはり、

私が自分で買って、帰ってきたときに本棚に入れたけれど、

忘れているのか??

 

全く分からない。きっと、弟に聞いたところで、15年前のことなど

覚えていないだろう。

 

 

まぁ、どういう経緯か分からないけれど、

ここに文章があるのならば、とりあえず読んでみるか、と、

なんとなく本を開いてみた。

 

そしたら、これが!!!!

 

 

ちょっと、これ、読みたくないのに(爆)、読まずにはいられない!!!

止まらない!!!

ってなって、一気に最後まで読んでもうたわ(笑)。

 

 

でも、内容は・・・・・。

 

映画の選択を失敗して、終わった後に呆然とした~~~~~

ってなる気分というのは、こういう感じなのだろうかと、

映画をめったに見ない私も思ったくらい、

 

時間喰ってもうた~~~~~~~~~・・・・!!!!

 

 

という感想を持った(笑)。

 

こんな感想を持ったのは、久しぶりだ。

 

 

まず、時代が15年前。

 

随分、今と感覚が違っている。

 

明治大正の文学作品は、もう、古典のような昔過ぎて、

現在の自分と重ね合わせることなく、

文学作品として読むけれど、

 

こんな、中途半端に今の時代に近い小説だと、

今の生活と、どうしても重ね合わせて読んでしまう。

 

15年前の、恋愛、結婚、出産、育児の模様が、

当時の男女の関係とともに描かれているが、

 

感覚が古すぎて、なんか変な感覚がした。

 

この小説のテーマは、

「バリバリキャリアウーマンの美しい女性」と、

「できないオタク男性」との

恋愛、結婚、出産、育児の話で、当時としては斬新な話だったのだと思われる。 

バリバリキャリアウーマン女性が外では完璧だが蓋を開けてみると内情は凄かった!という、結婚ホラー小説(笑)とも言われている。

 

だが、もう、結婚も出産も新生児育児も終えた私には、

なんだか突っ込みどころ満載で。

きっとこれ、結婚前に読んだら、面白かっただろうけれど、

時代遅れすぎ感が半端なかった。

 

 

それなのに、何故か読み進めるのが止まらなかった。

 

読みやすい文章でもあったし、

流行作家の作品でもあったというのもあるのかもしれない。

 

(どうでもいいけれど(笑)、

ダメ男役を、当時、筒井道隆が演じたらしい。NHKで(笑))

 

 

 

確かに今、20年前くらいのトレンディドラマ(←このネーミング自体が古い・笑)を

YouTubeとかでちらっと見ても、

時代の古さにおののく。

 

何よりも、

女の地位の低さに驚く。

 

誰かが、東京ラブストーリーの再放送を見て、

「このドラマに登場している男たちって、なんでこんなに偉そうなんだ?

この時代はみんなそうだのか?」

って感想を書いてあるのを見たことがあるが、

 

そうなんだ。

この時代は、そんな時代だったんだ。それが普通だったんだ。

 

10年前、15年前ともなると、

もう、全然、今と、常識が違う!!!

 

 

でもこれと同じようなことを、

これから先、10年後、15年後にも言っているのかもしれないけれどね。

 

 

読んだ直後、時間喰った感(笑)はあったけれど、

本棚の前にしゃがみこんで一気読みしたし、

吸い込まれるように読んだのは事実^^。

たまには、こんな感覚も、面白いのかもしれんね。

 

当時、このドラマがどんな反響だったのか、知りたいわ~。

 

 

読んだ本は、これ。 

百年の恋 (集英社文庫)

百年の恋 (集英社文庫)

 

 

 今これみても気づいたけれど、

これ集英社文庫やね。

私、個人的には新潮文庫が好きだから、

集英社文庫を買うことなどめったにない。やっぱりこの本、

どこから来たのか謎だわ(笑)。

 

新潮文庫は、しおりになる紐が付いているのと、

紙質と字体と、本の天の部分がぎざぎざになっているのが好き。 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/