/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

子の11歳の誕生日。目も歯も守りぬいたぞ!!もう子育ては卒業(笑)。

子が11歳の誕生日を迎えた。

 

もう、子育て終盤だなぁ。と、最近は思う。

My son become 11years old.

Recently ,I think that I graduate from the  period of child care.

 

先日の学校検診で、

子は、

 

・虫歯無し。

・視力も大丈夫

 

という結果をもらってきた。

My son has a result that no dental caries and good eyesight test.

My wish comes true.

 

これを見て、私は、私の役割は、

私の願い通り、達成したな、と感じた。

 

もう、卒業だな(笑)と。

 

 

私、子どもの頃から体がとっても弱く、

歯も幼少時から虫歯の治療跡だらけ、

視力も小3から近視の今は強度近視。

 

健康については人一番コンプレックスがあったので、

 

自分の子は、なんとしても健康な子に育てたい!!

特に、目と歯は、守り抜きたい!!!

という意志が強かった。

歯なんて特に、あらゆる体の調子の要となる。

簡単に削ったりいじったりしたくない!と思っていた。

 

 

子がお腹の中に居る時から、健康情報を、

いろいろ調べまくって実践しまくってきた。

 

その結果、

 

私の願い通り、

子は、

 

病気知らずの、目も歯もピカピカのまま、

ここまで育った。

薬もまだ一度も飲んだことが無い。

 

薬漬けで育った私とは真逆の、

まさに、健康優良児が育った!!ヽ(´▽`)/

 

もう、そろそろいいでしょう。

後は、本人の責任だ。

 

ここから目が悪くなろうとも歯が悪くなろうと、

もう、自分の責任だ!(笑)

母ちゃんは、11歳まで君の目と歯を守り抜いたぞ!!

 

・・って、たまたまそんな要素のある子が私の所に生まれてきてくれただけだったのかもしれんけどね(爆)。

 

 

ただ、実は、11年の間、

ずっとピカピカだったわけではない。

 

保育園時代は、虫歯無しを貫き通したが、

小学2年の時、検診で、「虫歯アリ」との診断をもらってきた。

しかも「永久歯」が虫歯だという。

 

ひぇ~~~!!と思ったよ(笑)。

ここまで守り抜いたのに、とうとう来たか!!と。

しかも、よりによって乳歯でなくて、永久歯ときた!!!!

 

 

それで、歯医者を調べまくった。

削らない歯医者さんを探したよ。

歯医者に散々通って、自分自身も歯医者ジプシーを繰り返してきたけれど、

さらにさらに歯医者ジプシーを繰り返して(笑)、

 

結局見つけたここの歯医者。 愛媛県まで行ってきたのよ。

 

 結局、子は、歯を削ることはなかった。

そしてそれと同時に、

重曹うがいによって、虫歯が治癒することがあるという情報を得たので、

 

重曹水を洗面所に常備していた。

 

「永久歯の虫歯アリ」の判定をもらって、

その翌年も、まだ「永久歯の虫歯アリ」の判定が出ていた。

う~んどうかな・・・もう少し様子見をしておこう、

と思ってたら、

その翌年は、「虫歯無し」の判定!!

たまたま見逃したということもあるかも、とちょっと思っていたら、

またその翌年も「虫歯無し」の判定!!

もう、虫歯無し、ということでいいでしょう。

 

歯医者ジプシーをしたり、自然歯科の受診経験をして気づいたのだが、

「虫歯アリ」と判定する基準も、歯を削る基準も、

歯医者によってまちまちなんよね。

ここの歯医者に行ったら削りましょうと言うけれど、

ここの歯医者だったら削らないし、そもそも虫歯判定もしない、

ってことも、ざらにある。

 

少々の虫歯なら、重曹再石灰化したりするみたいだしね。

 

ちなみに、子どもの歯磨きの仕上げ磨きは、

必死にやろうとしていた時期もあったけれど、

子と格闘する根気が私に無くて(笑)、

殆どやっていないという(笑)。

 

歯の中を見るライトとか買ったりもしたけれど(笑)、

最初ちょっと使っただけですぐ使わなくなった。

 

 

 

 

そして、目!

これも、子は、小学3年生ごろから、ちょっと怪しくなってきて、

これ昔だったら、とっくに眼科に連れていかれて、

私と同じように、眼鏡を作っていただろう。

 

でも、自分の経験から、眼鏡を作った途端に、

転がり落ちるように視力は低下するということを知っていたので、

私は子に眼鏡は作らなかった。

後は特に何もしていないのに、

なんかしらんけれど、勝手に、今年になったら、

子の視力は上がっていた。

毎日ゲーム機で遊びまくっているのにね(笑)。

 

私は視力回復のトレーニングを家で毎日やっていて、

その姿を見せても、

子は一向にトレーニングをやろうとはしないけれど、

子の目は勝手に目は良くなった。

 

 

こうしてみると、

私は結局、何にもしていないような気もするなぁ(笑)。

歯医者と眼科に「連れて行かない」、ということを

選択しただけなのかもしれんなぁ(笑)。

私の手柄でも何でもないのかもしれんなぁ(≧w≦)。

 

 

 

 

抜けた乳歯がことごとく虫歯の治療跡だらけで、

奥歯なんて、銀歯がかぶさっているせいか、

永久歯が生えてきても歯にひっついたままでなかなか外れなかった私(笑)

とは対照的に、

 

抜ける乳歯は全て真っ白!!という子の歯を見て、

うわぁ!うわぁ!すごい!ヽ(´▽`)/とただただ感動するばかりだった。

 

 

目も歯も守った!

母乳も、10歳まで飲んだ!(もう、年に数回だけだけどね。

11歳ではさすがにもう飲まないかな。)

私は、私の満足のいく子育てができた!!

もうこれ以上、何を望もう。

 

 

 

健康オタク(笑)で、子をさんざん振り回した(笑)私の役割は、

もう終わったし、

なんか、よくやった!!と感無量!

よくつきあってくれた!もう、後は、自分でやればいい^^。

この健康な体を使って、

学ぶなり、何をするなり、自分で決めて、開拓していけばいい(^-^)。

 

私も、色々マニアックなことやって楽しませてもらったような気がする(爆)。

そして、色々やっているようで、結局蓋を開けてみると、

私が一人で私の好きなことをやっていただけで、

子には何にもやっていなかったのかもしれないな(笑)。

何にもやっていないことが、かえってよかったのかもしれないな、と。

 

 

気が付いてみれば、

我が家は、

三人の人が同居するルームシェアのような関係になってきている。

 

親とか子とかではなく、

各人が、自分の好きなように、都合の良いように生きて、

タイミングが合ったときに集まり、協力する。

 

私が、親として、「教える」ことは、何もないのかもしれないな。と。

 

 

もともと、そういうものなのかもしれないな。

私の願いについてきてくれて、ありがとう、という気がする(^- ^)。

 

 


そして、私のように、子どもの頃から目も歯もボロボロでも(笑)、
こうしていくらでも、いつからでも、挽回して楽しむことが出来るのだから(^-^)、
必死になるのも、

必死にならないのも、

結局、どちらでもいいのかもしれないな。

ど、今となっては思う(笑)。

 

 

きっと、たまたまなんだろうけれども(笑)、

子の目と歯がピカピカなこと、

私にとってはとっても嬉しいこと!!(≧w≦)!!

 

f:id:happy-v:20180908075346p:plain

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 西式健康法へ
にほんブログ村

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/