/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

岡山STEP/TEEN 2巡目 プレ3章 罪悪感と自己責任。自分が生きるのに、誰かの許可は要らない。

今日は、なんと6か月ぶりにSTEP/TEEN。

台風の影響で何度も延期になっての開催で、約半年ぶり。

たまたま欠席者多数により、

今回は、復習会のような、プレ3章のような感じの開催となった。

 

 

1日を朝から晩まで岡山で過ごして、

終わってみると、やっぱり、得るものがたくさんあった。

 

もう、岡山に通い始めて5年位になるので、

講座はそろそろ卒業かな、と思うときもあるのだけれども、

講座の中だけでなく、その前後で、かなりたくさんの発見と高揚感があるので、

 

あぁ、やっぱり、「講座」としてではなく、

発見の場、自分の成長イベント、としても、

私がまだ必要としている場なのかもしれないな、と思った。

 

JRの中でだけでも、3時間半×2往復のたっぷりとした贅沢な時間が使える。

この時間に、本を読むととてもはかどって、3冊くらい読めたりする。

講座の内容×その日の体験×読書の内容で、

何倍にも、充実した時間が過ごせる。

 

これらの時間が楽しくてしょうがない(^-^)。

 

 

 

 

この日の講座で印象に残ったのは、

罪悪感というキーワード。

 

もうこれ。私、これのために、長年心理学やっているようなもんかもしれない (≧w≦)。

 

テキストには、

「罪悪感の目的=他人をコントロールしたい」

とある。

 

ほんま私、どんだけ他人をコントロールしたいんか!!と(笑)。

これ、とても深い言葉だと思う。 

 

でもこういうのって、

無くそう無くそうとすればするほど、増えるから、

無くそうとするんじゃなくて、

発生するために、

「あ、あるな。」と

思い出すだけでいいのかもしれんね。

 

例えばね、

 

人が、何かを誘ってくれた時、でも、なんか気が乗らないとき。

断ることに罪悪感感じて、

行かない理由、断る理由を、一生懸命、説明しようとしたりすることがある。

 

行くことができない明確な理由があるときは、罪悪感無く断るし、

断ることに迷いの無いものは、すぐに断れる。

明確な理由が無くて、しかも、なんか少しは行きたいかもという気持ちもあって、

でも、今は進むタイミングじゃないかも、という気持ちもあるようなとき。

自分がなんとなくゆらゆら揺れているとき。

 

そのゆらゆら揺れる気持ちの処理を、他人に押し付けるかの如く(笑)、

言い訳を説明したりしている。

 

そして、後から気づく。

別に、言い訳説明しなくても、

誰にも怒られない(笑)

のだと。

 

選択しない理由を、相手に分かってもらおうとしなくてもいいのだと(笑)。

 

なんかモヤモヤする自分の迷いを、

他人に押し付けなくてもいい(笑)。

これ、自分の中の課題だな。と、自分の中で、処理したらいい。

 

 

 

なんか気が進まない理由、選択しない後ろ向きな理由を伝えられても、

相手もあんまりいい気持ちがしないしね。

あ、でも、「迷っているんだけど・・」と、そのまま正直に、相談するという方法はあるかもね。

 

 

 

ブログも同じかもしれない。

人のためや利益のために書いているわけじゃないのだから、

読みたい人だけが読んでくれたらいい。

読みたくない人のために、どうやったら読んでもらえるか?なんて

考えるためにやっているわけではないもんね。

 

 

・「共同体」のために、私が存在する

のではなく、

・私があって、共同体は、有る。私とともに、共同体はある。

 

そんなことが浮かんだ。

 

 

 

f:id:happy-v:20160428102306g:plain

 

 

 

この章で、頻繁に出てくる言葉。

自分の感じ方には自分で責任を持つ

 

とにかく、この言葉がこれでもか!というくらいに出てくる。

STEPでは、

他人をコントロールするのではなく、

コントロールするのは、「選択」するのは、自分の方だよ、

というメッセージをとても強く感じる。

 

「まだ、人のせいにしているの?」っていう次元よね(笑)。

全部、自分が作りたくて作り上げている世界じゃん。てね。

 

 

f:id:happy-v:20160428102306g:plain

 

自分が生きるのに、何かを選択するのに

「人の許可」って要らない。

 

人に同意してもらわないと、太鼓判押してもらわないと、

決断できない生き方を、

選ばなくてもいい。

 

 

人と違うことを選択しても、「怒られないんだよ」←笑

「罪悪感感じなくてもいいんだよ」

という体験を何度も何度も積み重ねるためにも、

私は岡山に通っているのでもあるのかもしれない(笑)。

 

f:id:happy-v:20180629124650p:plain

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/