/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

人との出逢いはかけがえのないもの。

合宿関連のアウトプットが止まらないよ(笑)。

 

1本目

 2本目

 

そしてこれは3本目(^0^)!笑


(しつこすぎたら読み飛ばしていいよ・笑)

 

今回は、合宿の講演の話ではなく、人とのつながりの話。

講座を受けに行っても、私が学ぶメインは、

講座の主題もだけれども、

 

・講座を受けることの前後に触れ合う人と人との関わり、

・人との会話

から、

学ぶこと、得るものが

圧倒的に多いような気もする。

 

今回の講座でも、後からじわじわ、それは実感した。

 

 

今回の合宿では、

半分は、名古屋の友達たちに逢いたいな!というのがあった。

同じアドラー心理学STEPを、同じリーダーから学んでいる仲間たち。

 

リアルで何度か会ったことのある人もいるし、

ネットだけで交流していて、まだリアルでは会ったことのない人、

名前だけお見掛けしたことのある人。

お名前も知らずに初めての人。でも共通の繋がりがある人

たちに、いっぺんに逢える!と思って。

 

そして、私はアドラー心理学に出会って約10年。

STEPを受講し始めて約5年だけれども、

名古屋のメンバーは、STEP歴が10年の人もいらっしゃって、

 

「名古屋のSTEPはすごいよ~」

と何度も聴いていて、ネットで交流する様も、

名古屋の人たちは、皆、天使のよう!!!

 

さぞかし、名古屋STEPでは、

天国のような、お花畑のような、愛と感謝ばかりに溢れた、

人間の黒い部分なんて見えない、夢のような空間が毎回繰り広げられているんだろうな、と、

勝手に思っていた。

 

そしたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

結構フツーだったヽ(´▽`)/・・・

 

 

 

 

 

 

 

いや、名古屋のみんなは、この意図をきっと理解してくれるだろう(^ω^)。

 

 

 

 

私、以前、リーダーに対してもそうだけれども、

長年STEPをやっている人たちは、

もう、すごくてすごくて、

 

黒い部分なんて全く無くて、人を嫌ったり憎んだり、

羨んだり、嫉妬したり、って無くって・・・

って、仙人のような完璧な像を勝手に想像していたけれど、

 

長年STEPを続けているうちに、

リーダーもフツーの人だし(笑)、

みんな一緒や!

 

母親も、先生も、上司も、目上とされる人たちも、

みんな、一緒や!

 

というのを、最近、特に如実に感じ始めていたところだった。

 

 

STEPを長年やれば、生まれ変わる!

心理学を長年やれば、生まれ変われる!

 

わけではなく(笑)

 

黒い部分ドロドロした部分、あって当然だし、

それでもいいし、

それがフツー( ̄▽ ̄)。

 

で、それがフツーだから、

 

別に人の黒い部分やドロドロした部分を見ても、

自分の黒い部分やドロドロした部分を見ても、

 

過剰反応せんでもええんやで。

それ、あってフツーだから。

 

 

って思った!

 

 

女脳特有のドロドロした部分を親に見た時、

異常な嫌悪感を抱いて、

自分はそうなりたくない!とか強く反応していた時期もあったけれど、

 

あれもフツーのことだったのかも!!

 

女脳特有の部分を女性が持っている、というのもフツーだし、

私がそれに対して反応したのも、フツー。

 

別に、どうってことなかったのかも(笑)。

 

そんな風に思えた。

 

 

そして、そのフツーに人間が持っている感情を、

人が外に表現しているのを見て、

 

自分がどう反応するか、選べるし、

どう反応することを選んでも、

 

どれも良いのだと。

 

なんだか、今まで何度も書いた当たり前のことを、

また書いているだけのような気もするけれど、

やっぱり、行きつくのはそこなんだな、と思った。

 

 

長年アドラーを学んだからと言って、

長年心理学を学んだからと言って、

 

仙人になるわけではなく、天使になるわけではない。

 

あぁ、あれもこれもそれもフツーのことだわい。

と、過剰反応しなくなる、というか、

 

人の行動に対して、

自分がどう反応するか選べるし、

自分がどう反応しても、それも良いのだと受け入れられるようになる、

ということなのかもな、と思った。

 

黒い部分、ドロドロした部分を、有ってフツーのものとして、

受け入れているから、

人のも受け入れられるし、過剰反応しないで居られる。

そんな感じなのかもしれんな。と。

 

 

 

 

 

 

その場に居て人の話を聴いて感じたこと。

 

もしかしたら、世の中に、

嫌い、とか、嫉妬とか、って、有るようでないのかもしれんなぁ。ということ。

 

嫌いっていうのは、

実は、本当は、

大好きってこと。

 

もうめっちゃ嫌い!ってなるくらいに、

そのことを考えて、気になるくらい、めっちゃ大好きってこと(笑)。

 

嫉妬って、「あなたが大好きですよ」って告白しているってこと(笑)

らしいよ。

 

自分が卑屈になって下に行くと、人にも下に扱われる。

 

自分に引け目を感じていたり、

自分を人よりも下だと思って、へこへこしていると、

 

なんや知らんけれど、お互いにそういう磁場が働いて(?笑)、

上下のある関係性になってまう。

 

相手の態度が横柄で、「自分なんか粗末に扱われているなぁ」と感じたとしたら、

それは、自分がへこへこしているときかもしれない。

 

自分に自信を持っていて、「私は私ですけど何か?」って感じで(笑)

堂々としているとき、

人に粗末に扱われたりはしないよなぁ。と思った。

 

 

 

 

 

 

こういうのをね、

人と人との会話を見たり聴いたりして感じると、

 

 

うお~~~~~!!!って感動するんよね!

 

こういうのを感じるために、

そして、この感動をアウトプットしたいためにも(笑)、

私はこういう集まりに、足を運んでいるのかも(≧w≦)。

 

人の繋がりって、自分だけの力ではどうすることもできないし、

お金では買えないもの。

そして、この、人とのつながりで、人は作られて行っている気もする。

 

だから、こういうのが、面白くってたまらない!!

 

 

やばい。もう一本アウトプット行くわ(笑)。

 

f:id:happy-v:20181222053505p:plain

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/