/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

時間を超えて繋がるブログのすごさ

怒涛のアウトプット祭り。4本目。 

 

3本目で、メインに書きたかった内容に辿り着く前に終わってしまったので(笑)、

4本目に書くことにした(^ω^)。

 

人と人との出逢い

の話。

 

 

合宿で出会った名古屋の仲間に、

 

量子力学を勉強している人も何人もいてね、

その中で、佐伯和也さんの講座を受講した方もいらっしゃったの。

 

合宿が終わった後、

私が以前アウトプットした佐伯さんの量子力学講座の日記を、

読んでくださったとのこと!!

そして、大絶賛してくださった!

 

ブログやっててよかった!!

 

って思った瞬間!

 

SNSだと古い記事は流れて行って、奥の奥の深い所に埋まって

なかなか出会えなくなるけれど、

ブログだと、過去記事に、すぐにたどり着けるんよね。

 

こうして、過去記事が、

生きてくる瞬間がある!!

 

 

めっちゃ嬉しかったわ~。

 

私の、自分の頭の整理のために書いていた(笑)超長文(笑)を、

分かりやすい!とか面白い!とか言って

読んでくださる人が、

 

しかも、時間を超えて、現れると、

 

こんなにうれしいもんなんだな!と思った。

 

 

 

 

 

同じようなこと、前にもあったんよね。

こっちは読む側の立場の話だけれども、

友達が、昔、ピアノのコンクールに出た話をブログにシリーズで書いていて、

それ、もう、10年近く前の古い記事だから、本人もどこにいったか忘れそうなくらい、古い記事だったらしいんだけど、

 

私、その人と知り合いになる前に、そのブログ、

検索で見つけていたし、

読んでいた!

 

その人にとっては10年前の出来事でも、

読んだ私にとっては、「今」の出来事になるんよね。

 

その不思議さが、妙に面白くてね。

 

昔の人の書物を読むのも、それに似た感覚なのかな、

著者はもう没して何十年経ったりしていても、

読んでいる人にとっては、書かれている内容が、「今」のリアル、になる。

 

 

 

 

 

 

そして、私の長文、長すぎて読めない、という声もあったけれど(笑)、

読める人だけ読んでもらえばいい、と思って、

私は私の心地よいようにひたすら書いていたら、

 

こうして、時間が経った後でも、

読める人は読んでくれるんだな!と。

 

 

いや本当はね、

書かないと理解できないし、頭の中、とっ散らかるので(笑)、

自分の頭の整理のためにやっているだけで、

人に分かってもらおう、理解してもらおう、読んでもらおう、

という意図は、あんまり無いつもりなんだけれども、

 

やっぱり、読んで、「分かりやすい!」とか「面白かった!」

とか言ってもらえると、

めちゃくちゃ嬉しいよね!

 

というわけで、めちゃくちゃ嬉しいよね!!という気持ちを、

メッセージで伝えようとしたら、

こんなに長くなってしまったので(笑)、

ブログにしてしまったという(≧w≦)。

 

 

佐伯さんの講座のアウトプット。
カテゴリ「量子力学」からたどり着けるけれど、

初回とラストだけ貼り付けておくね。

 総まとめの最終回

初回 

 

個人的には、

ハイデンベルグ不確定性原理の話の回が

一番面白かったのだけれども、この回の日記は、一番長文すぎるので、
読める人だけどうぞ(^ω^)。 

 

面白ければ面白いほど、ノレばノルほど長文になるという( ̄▽ ̄)。

 

 

 

 

f:id:happy-v:20181222061040j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/