/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

ラヴェルが呼んでいる!

今月頭あたりから、一体、なんなのか。

 

何の前触れもなく、突然、

ラヴェルを弾きたい!という衝動が。

 

(一応、過去記事貼っておくけど読み飛ばしても大丈夫よ)

 

 

 

 公民館に行って弾こうと思ったら、

今日はお休みだった。

しょうがないのでいつも行っていた、グランドピアノのある楽器店を

調べてみると、ここも今日はお休み!

 

あぁ、やっぱり祝日では無理か・・・と思って、

もう一軒の楽器店に問い合わせてみると、ここは開いていた!

アップライトピアノのレッスンルーム、借りてきたよ。

使用者が私だけで、ガラガラだった。

お盆の時期とかは満室だったんだけどね^^。

 

 

 

ここのレッスンルームを借りるのはかなり久しぶり。

 

ここの部屋は、公民館の部屋よりも狭いので、

音がとても大きく響く。

最近はずっと公民館で弾くのに慣れていたので、

狭い部屋で大音量を聴きながら弾くのも久しぶりで、

ピアノってこんなに音、大きかったっけ!

耳、大丈夫か!?と一瞬思った(笑)。

 

ピアノ自体が違うと、音も響き方も個性も違う。

色んなところで色んなピアノを弾くようになって、

それを如実に感じるようになった。

この子(ピアノ)の性格は、ちょっとやんちゃだな、とか(笑)。

公民館のピアノは、おだやかでちょっと優しい女の子のイメージだとか。

 

いや、実際はそんなのは無いんだろうけれど、

音の返り具合、鍵盤の戻り具合とかから、微妙に、そんな風に感じる。

 

 

 

 

 

そして、ラヴェル

ほんま不思議。

 

なんでラヴェル

しかも、この曲、別に今知ったわけではなく、

とても有名な曲だし、

私が小学1年生のときにに買ってもらったテープにも入っていた曲だから、

ずっとずっと前から知っている曲。

でも今まで特に、がっつりと取り組むことはなかった曲。

 

なのになぜ、突然、今、こんなに惹きつけられるのか。

なぜ突然、この曲が、ある日突然、こんなに愛おしく感じられるようになったのか。

不思議でたまらない。

 

「弾かなきゃ!!」って降ってきて、

弾き始めたら、ずっと練習していたい、という感覚に襲われる。

一音一音全部が、すごい!って思う。

 

まだ出だしの数小節をさらっているだけなのに、

とろけそうになる。

切なくて切なくて、きゅんきゅんなる。

 

自分が弾くと、弾き方は結構台無しなんだけど(笑)、

結構、結構、台無しなんだけど(笑)、

それでも、作曲された音の運びを感じるだけでも、

うは~~~ん!!!(*'▽')ってなる。 

 

この曲、魂に訴えかけてくるよ。        

 

これたぶん、

今、プロが生で弾いているの聴いたら、

鳥肌立つの間違いないわ。 

 

 

 

 

 

 

 

長年同じところから進めなかったのを、

やっと最近少し進めるようになってきたショパンの曲や、

この前見つけて、音を拾い始めたバッハの曲を差し置いて(笑)、

 

突然、ラヴェルが割り込んできた(笑)。

 

こうやって、また、

ショパンの曲は、進めずに止まったままになるのだろうけれど(笑)、

 

この曲、しばらく弾いていたい!!。

 

あぁ、なんて切ない、きれいな曲なんだ~~~~。

 

f:id:happy-v:20181224200315p:plain

ラヴェルの似顔絵

(すっげー!ラヴェルのイラストあったよ!↑

私、ラヴェル、馴染みが無いから、お顔知らなかったよ(笑)。)

 

 

              

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/