/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

罪悪感にエサをやるという行為。どんな自分にもOKを出してゼロ地点に持って行くということ。

ちょっと、最近の、佐伯和也さんのメルマガ、

秀逸な分、長文に磨きがかかっていらしていて、

私の頭の中、ふわふわしそうになってきたから(笑)、 

 

【保存版】自己受容は結局、これをしていくこと

https://kaihou.biz/BackNumber/view/MdHayfBI/AnzAu0VJ/e6NMKVDz

 

自分の理解のため、

自分の整理のために、理解したことをアウトプットしてみるね。

 

内容は、いつも心屋さんが、

「なんかしらんけれど」そうなる、

と、言っていることを、

 

論理的に説明した感じ。

あぁそういうことだったのか!と、

「なんやしらんけれど」が「なんやしらんけれど」じゃなくなったかも。

 

原文の書き方からは大きく違う感じに書いたけど、

私の理解の仕方はこんな感じ。

すっごく合点がいった。

 

**

 

 

禁止していることを、さらに禁止したり責めたり叱ったりすると、

禁止していることを止めることが出来るどころか、

「さらに悪化する」ことがあるのはなぜか。

 

それは、「罪悪感」にエサを与えている状態になっているから。

 

「罪悪感」にエサを与えないで、

「罪悪感」を取り除いて、

何を選んでもOK。

全部OK。

な状態に置いたとき、初めて、

じゃぁ、どうしたい?と「自分で主体的」に決めることが出来る。

 

これがまず、ゼロ地点なんだね。

 

何を選んでもOK、

どんな自分もOK。

ダメダメで破滅した自分もOK。

すがすがしい自分もOK。

 

って、まっさらの

全てOKな状態になったとき、

わざわざ、自分を破滅に持って行く選択をするか?と言ったら、

あんまりしないかもしれんな。と。

 

仮に、そのときも、自分を破滅に導く選択をしたとしても、

もともと、それもOKなのだから、その選択もOKだしね。

 

これが、私が受け取った結論。要点。

 

 

 

 

 

では、その

「罪悪感」にエサを与えている状態、の話について。

 

禁止していることを、さらに禁止したり責めたり叱ったりすることについて。

 

 

そもそも、なぜ、

禁止していることや好ましくないことをやるのかというと、

「罪悪感」があるから。

 

「罪悪感」がある状態というのは、

「自分は責められなければならない」という「義務感」を感じている状態。

 

なんとしても、自分は責められ「なければならない」(><)と思っている。

 

 

そうなってくると、

・「責める理由を作る」

・「責める材料を見つけてくる」

を、やりたくなる。

 

 

わざわざ、自分は責められることをやりに行ってしまう。

 

そうやって「罪悪感」を満たす。

 

 

「罪悪感」というものは、中毒性があるので、

一回満たしたら終わりではなく、

「自分は責められているのが普通」になってくる。

 

そしたら、「責められていないのは異常だ」と感じて、

わざわざ、また、

・「責める理由を作る」

・「責める材料を見つけてくる」

を、やりたくなる。

 

このループ。

 

だから、このループを断ち切るためには、

一旦、

その、禁止していることや、好ましくないことに、

OKを出してあげる必要があるんだね。

OKを出して、そこへの罪悪感を失くすということ。

 

 

これ、好ましくないこと、というのに「暴力」とかを当てはめてみると

分かりやすいんだけれども、

 

これを全く真逆に考えて、

「好ましいこと」で当てはめても同じことよね!と思った。

 

例えば、

自分は自己肯定感が高くて、幸せで楽しいのが当たり前、の人だと、

 

・自分が幸せである理由を作る。

・自分が満たされる材料を見つけてくる。

を、やりたくなるよなぁ。

 

 

 

 

どちらにしても、

どんな自分もOK.

キラキラしたことを選ぶ自分も、

ダメダメなことを選ぶ自分も、

OK。

 

そのゼロ地点に自分を置いたとき、

自分で自主的に、生きることが出来る。

 

それが、「遊びの解放」ということでもあるんだなぁ。と。

どんな自分にもOKを出して、何でも選択できる状態に持って行くということ。

 

ここから、全てが始まる。ゼロ地点なんだろうなぁ。

 

f:id:happy-v:20190120212402j:plain

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/