/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

岸見先生の講演会に行ってきたよ。

『嫌われる勇気』の著者、岸見先生の講演会に行ってきたよ。
I went to the lecture by Mr,Kishimi who wrote "The courage that is disliked

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

岸見先生、ものすごく愛に溢れる方だった~。

講演の内容をアウトプットしたいところなんだけれども、

録音も撮影もNGだったので、アウトプットは止めておくね。
Mr,Kishimi is full of love.

I want to output the contents of this lecture.

But it is not allowed that  recorging and watching camera.

I will not output it.

 

いつも通り私の個人的なことだけ書く(笑)。

I will write about me as usual.

 

それがね。

会場に着いたとたん、ものすごいラッキーなことに、

エレベータに乗ったら、一人の男性と一緒に乗り合わせた。

その人がなんと岸見先生ご本人だった!!(≧w≦)

 

フツーに、みんなと同じように入り口から受付を通ってご入場とは!!(笑)。

裏口からとかじゃないんだね!!。

 

 

お会いするのは初めてだけれども、お顔の写真は、著書や色んなところで

何度もお見掛けしているから、

すぐに分かったけれど、まさか、フツーにエレベーターで乗り合わせるなんて思ってもいない。

よく似た男性か???とも一瞬思ったけれども、やっぱりどう見ても岸見先生だから、「岸見先生ですか?」って聞いたら、「はい。」って。

 

うぉ~。こんなシチュエーション予想もしていなかったから、

何を話したらいいのか分からなくて(笑)、

「今日はよろしくお願いします」と。

「私もみなさんと一緒に受付を通るんですよ」「そうなんですか!!」とかいうお話をしながら、
一緒に受付へ。

なんかめっちゃ気さくにお話してくださった。

 

 

受付に来たら、

私、実は6年ぶりに会う人たちがたくさんいて(笑)、

勝手に興奮してきゃ~きゃ~やっているうちに、いつの間にかに岸見先生は

奥のお部屋へ。

 

この講演会、

実は、私が、昔、3年位通い続けていたアドラー心理学の勉強会のメンバーたちが

主催してくださったものなんだ。

 

この会に、私は6年くらい前まで通い続けていたのだけれども、

岡山STEPが開催されるようになってからは、専らそっちばかりに行くようになったので、

この地元の会には、ぱったりと行かなくなったんだ。

自分の中では卒業したような気分でいた。

 

 

かなりブランクが空いているから、

みなさんにお会いするの、どうかな・・と思ったのだけれども、

みんな、笑顔で迎えてくださって。

 

6年も顔を出していないのに、

「またいつでも顔を見せに来てくださいね~」と言ってもらえた。

みなさん、とってもお元気そうで。

なつかしいお顔にたくさん会えた。

 

 

 

 

 

最近は、心屋さんやナリ君やはるちゃんやHappyちゃんや、

そのへんばかり読んでいたから、

 

きちんとしたアドラー心理学に触れて学んだのは、

なんか久しぶりのような気もした。

 

たまには、こういう風な学びもいいな、と思った。

 

始終、岸見先生の、優しさと愛を、感じていた。

 

 

岸見先生が、本来は哲学者で、プラトンとかソクラテスとかの研究をされている方で、

別に、アドラー心理学の布教者(笑)というわけではない、というのも、

私は、とっても好感を感じる部分なんだ~。

岸見先生の解釈の仕方は、本当に愛を感じる。

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/