/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

『消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法』大嶋信頼

岡山行のJRの中で読んだ本1冊目。

 

消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法

消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法

 

 

 

これは思い当たることがたくさんあった。

 

人との関係において、

謙虚になって、相手より「下」手に出れば出るほど良いかのように思っていたけれど、

それは、真逆!!だということ。

 

弱みを出して謙虚に「下」の位置に行くと、

「嫉妬」の対象となる。

 

鳥の巣で、一番弱いひなが巣から蹴落とされるのは、

一番弱いひなは、母鳥から可愛がられるから。

他のひな鳥の嫉妬を受けて、蹴落とされる。

 

嫉妬の対象にならないためには、

弱者を演じないということ。

 

 

相手を「上げる」ために、自分が「下がる」ということを、

敢えてやったりしない方がいい、とのこと。

 

これ、本当にそうだと思う。

自分も、

思い当たる節がたくさんある。

 

謙虚に謙虚に、人の顔色うかがって、下に行けば行くほど、

なんかうまくいかなかった。

何も気にせず、ゴーマンに(笑)、自信を持って、

例え人に何かを言われていたとしてもそれが聞こえないくらい、

迷いなく突き進んで楽しんでいるときには、

何もかもうまくいっていた。今もそうかもしれない(*'ω'*)。

 

過去を振り返ってみると、私も、ものの見事に当てはまっている。 

 

 

 

「嫉妬」は発作であって、コントロールできないもの。

トイレに行きたくなるのと同じように(笑)、発生するのも当たり前だし、

誰もが感じること。

 

だから、

 

大騒ぎせずに、嫉妬が「在るな。」と気づくだけでいい。

気づいたら、

出来るだけ何もしない

 

おさめようとかしない、どうにかしようとかしない。

注目しない。

 

自分に湧いた嫉妬についてもそうだし、

人に嫉妬されたときもそう。

 

 

結局、これも、心理学で出てくる、

・好ましくないものには注目しない、

・在るな、と気づくだけでいい。

 

ってことだね。

 

 

 

劣等感を消す方法として、

自分の大切なものを「生贄」として想像する、というのがあったけれど、

これは、やったことがないので、

今度試してみようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/