/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

ショパンのバラード一番を弾く青年に逢ったよ。

今日の英語の集まりで、

自己紹介のときに、

ショパンのバラード一番が弾けると、

話している人がいた!!!

Today, in the English meeting,I have found a boy who can play the ballad No1 by Chopin .

 

もうこれは、私が食いつかないでいるはずがない!!(笑)。

It is impossible for me not to be intersted in that.

 

交換言語の時間が終了した後に、すぐさま

その人の所に行って、

話してきたよ~。

I went to talk with him as soon as possible after finishing a language exchange meeting.

 

英語の集まりだから、英語で話した方がいいんだろうけれど、

相手は日本人だし、

英語に直したらもどかしすぎて伝わらないと思ったので、モロ日本語で(笑)。

 

 

あの自己紹介のときに、彼がぽろっと付け加えた

ショパンのバラード一番」という言葉を、

聴き逃さずに拾って、しかもそれが何の曲か、瞬時に分かったのは、

きっとあの場で私だけだったと思う。

 

羽生君のスケートの曲なんよね。

私もちょろっとだけつまみ食いしている曲。

 

ピアノ談義でとても盛り上がって、

 

話し終わった後、彼も、こんな込み入った話をできる人ってなかなかいないので、

お話できてうれしかったです、って言ってくれた。

 

なんと、彼は、ピアノの先生の息子なんだって。

でも、ご多分に漏れず、親からピアノを習うのは難しいので、

外に習いに行っていたと。

しかも、始めたのは小学6年生とのこと!!

今、大学生。

 

 

私が子供の頃は、ピアノを始めるのはみんな幼少時で、

たまに小学生から始める人が居ても、そういう人たちは殆ど続くことなくすぐ止めていた。

 

それが、今は、

小学3年生とか6年生とかから始めたという話を結構聴くし、

その人たち、習い始めて6~7年とかそこらの短期間で、

30年以上ピアノをやっている私よりも、既に難曲を弾けるようになっていたりする!!(≧w≦)

 

なんなんだろう、これは、時代の流れもあるのか。

私がのろいだけなのか(笑)。

 

 

小6から始めて、

大学生の今、もう、ショパンのバラード1番が弾けるし、

ベートーベン月光3楽章も、

リストのハンガリー狂詩曲も弾けると。

でも、ピアノで生計は立てるつもりはないとのこと。

職業にすると嫌いになってしまいそうなので、趣味にしておくと。

このへんは、私と同じスタンスだ。

 

 

ベートーベンの月光第三楽章は、

これ私、一生弾ける気がしない、と思っていたんだけれども、

ショパンの革命よりは、難しくない、と彼から聞いたとたん、

私も生きている間にどうにか弾けそうな気がしてきたから不思議(笑)。

 

よく見ると、音自体は、ゆっくり取って行けば取れないこともないのかもしれんな。と、今日弾きながら、楽譜を見て思った。まだ1ページ目から進んでいないけれど(笑)。

とにかく、一オクターブ手を拡げたままの動きが多いので、

これムリ!!って感じがしていたけれど、

ショパンの「革命」ほど難しくない、と言われると、

どうにかなりそうな気がしてきた。

 

ベートーベンの熱情3楽章が好きなことや、

ツエルニーがベートーベンの曲を弾くためにとても効果的だという話とか、

ソナタテンペスト、バッハのインベンションの話や、

ショパンマズルカ集の話なんかをした。

 

ほんま、こういった濃い話をできる相手って、

なかなかいないから、

めっちゃうれしいんよね。

 

 

学生時代のように、がっつり曲に取り組むのはしんどいので、

私はもうあんなやり方はできないけれど、

私は私のペースで、のんびりと、

つまみ食いしながら音楽を楽しんでいる。

とにかく、どんなにのろくてもいいから、

やめることだけはなく、続けたいと思っている。

 

こういう、きちんと弾ける人の話を聴くと、

やっぱり、先生についてもらって一曲一曲仕上げていった方が、

上達が早いんだろうな、と思うんだけれども、

 

やっぱり、一曲集中して仕上げるしんどさを思い出すと、

今のまま、だらだらと、

やたら経験年数だけを重ねるだけでも(笑)、

まぁ、いいか、と思うのであった(*'ω'*)。

 

ひさびさにどっぷりピアノの話ができて、楽しかったわ~。

 

 

 

f:id:happy-v:20190127194204p:plain

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/