/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

「人は変えられない」が腑に落ちると、原因を人に求めなくなるのかもな。

・物事を、どんな風に受け取るかは、自分で決めることができる。

・人は変えることが出来ない。

 

この二つがだんだん自分の中に浸透してくると、

 

If I understand the two things, I don't analyze a lot of lazy things.

One thing is that I can decide to how to recive about the happening.

And one thing is that we cannnot change the others personality.

 

 

物事が起こった時、

・相手のどこが悪いとかそこが悪いとか、

・相手の心理はどうであって、なんでそんなことをしたのかとか、

ごにゃごにゃ分析することが無くなってくるね。

 

 

視点は、相手にではなく、自分へ。

この事柄は、私に何を伝えようとしているんだろう?

「この事柄が、スルー出来ずに気になるということは、

私の中に、何かがあるということ。」

そういう風に思考が及ぶね。

I focuse on not  the others but myself.

"What does  this happening teach me?"

"I concern this happening,I have something wrong."

 

 

 

 

相手が居ない場で、原因を相手に求めて、

・相手の根拠や、

・相手の意図や、

・何故相手がそんなことをしたのか、

を分析しても、

相手をジャッジするだけで、何にもならないし、

 

はたまた、相手の性格や出自や、前世(?笑)までにまで

原因を探って行ったところで、

合っているかどうか分からない。

 

「相手の選んだ選択について、

こちらがどうこう言うような事ではない」、

という気持ちでいると、

 

考えが、もはや、相手には及ばなくなる。

どうせ、相手は、変えられるものではないし。

 

 

この現象が自分の目の前に見えているということは、

何を意味しているのか。

自分は、この問題を、スルーしたくなくて「問題にしたい」んだな、と。

 

相手のことは、関係が、無いんだな。

 

 

自分が見たいように見て、受け取りたいように受け取っている、

その受け取り方を、

自分が自分に見せているだけ。

 

f:id:happy-v:20190225195647p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/