/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

「好き・嫌い」で、自分を責めなくてもいい。

「好き・嫌い」にも、善悪があると思っていたなぁ。

 

これが好きなのは、いいことだけれども、

これが嫌いなのは、変わっているだとか。

これが嫌いなのは、おかしい、だとか、普通じゃない、だとか。

 

多くの人が「好き」だけれども、自分は「好きではない」とき、

多くの人が「好きではない」けれども、自分は「好き」なとき、

 

人に驚かれたり、指摘されたりすると、

 

怒られているような気分になって、

自分を責めていたよなぁ。

 

自分は変人なのだから、

治さなければならない!と。

 

だから、苦しかったよね。

 

人から何か言われると、

自分を否定されているような気分になっていたよな。

 

みんなが好みなものを、自分が好みでないとき、

責められているように感じるから、

その正当性を、一生懸命説明しようとしていた。

 

私は悪くない!私がこれを好きでないのは、やんごとなき理由があるからなんだ!

しょうがないからなんだ!(許して!!)って。

 

もともと、誰にも許しを請う必要なんて、無いのにね。

 

私はそれが好き、

あなたはそれが好き、

以上!

 

それで、いいのにね。

 

どっちの「好き」が、世間的に正しいか、一般的か、

人にウケるか、

ジャッジしなくても、よい。

 

世間一般では、どれが好まれている、

常識では、何が好まれている、

それを、「知った」とき、

「知った」というだけでOK。

 

そこで、「あぁ、自分は違った!自分は間違っていた!!」

って責める必要はない。

 

 

当たり前のことかもしれないけれど、

案外、心の奥では、そんな葛藤があったかもしれない。

 

 

 

これに気づかせてくれた名役者たち。

心のモヤモヤも、悪役も(笑)、みんな、名役者だった(^-^)。

f:id:happy-v:20181231083419p:plain

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/