/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

「分かってもらいたい」から「分かりたい」へ。

誤解された!!と感じた時、

以前の私は、

「そうじゃないんだ!違うんだ!分かって欲しい!!

どうやったら分かってくれるかな!」

と、

とにかく自分の事を「分かって欲しい」モードで一杯だった。

 

反論をせずにはいられなかった。

言い訳をせずにはいられなかった。

 

When I feel that a man had a misunderstanding,

I argued that,"It is wrong ! I want you to know me!"

I was full of myself.

 

 

 

 

 

でも今日、ふと思った。

 

 

 

誤解されていることにびっくりしたけれど、

・「受け取り手は、そう受け取りたかったのか!」という発見と、

・自分の伝え方で、そういう風に解釈されることもあるんだな!

という発見。

 

そんなことを考えていると、反論の言葉が出て来なかった。

But today ,I thik it is not necessary to argue.

I found that a man want to receive it such a style.

I found that my opinion sometimes receive as a such style.

 

 

・私の事を、「分かって欲しい!」よりも、

・相手が「そう解釈したい」と思ってそう「受け取った」のは、何故なんだろう?

と、

相手の方へ意識が向いた。

 

 

自分の意識が、

自分を「分かって欲しい!」から、

相手を「分かりたい!」に

変わってきたんだな、と思った。

 

 

私のことを、「分かって欲しい!」と、

自分の意見を押し付け、弁明すればするほど、

なんだか話は、ややこしいことになる。

相手も、自分の事を「分かって欲しい!」と思っているし、

私も相手に「分かって欲しい!」と思っているから、

なかなか、お互いに、分かり合えない。

 

それが、どちらか一方が、

「相手の事を分かりたい!」と思ったら、

それは、争いなく終わるんだね。

 

 

「相手はそう解釈したのか!へぇ!!」

「そういう受け取り方もあるのか!びっくり!!」

そう思っただけで、

 

特に、

「私は、そんな人間ではないのです!!分かってください!!」ってわざわざ主張することも、ないかな、という気がした。

 

 

 

人は、受け取りたいように受け取って、

解釈したいように解釈する。

 

100人居たら、100通りの受け取り方がある。

 

だから、自分が伝えたいような形をそのまま完全に

受け取ってもらう事って不可能なんだろうね。

 

良いことを「8」言って、ちょっと残念なことを「2」言ったつもりでも、

相手は、

残念なことを「10」言われた!

という風に受け取ったりする。

 

これ、自分も今までずっと、やってきたこと(≧w≦)。

 

 

発信する側の意図に関係なく、受け取り手が受け取りたいように、

大きくして、拡大解釈して、受け止めることって、よくある。

 

 

逆に、

良いことを「2」だけ言って、残念なことを「8」言ったとしても、

 

良いことばかり「10」言われた!!ヽ(´▽`)/ 

 

と受け取る人も居る。

 

 

これを、実地で感じた。

 

 

 

 思ったように受け取ってもらえてないと気づいたとき、

ものすごいもどかしい思いがするんだけれどね。

「あぁ、そうなんだね。」「そう受け取ったんだね」と、

そんな気持ちになったよ。

 

 

 

 

私が岡山STEPの居心地が良いのは、

何を発信しても、「良きに計らってくれる」という安心感があるからなんだな、と

思った。

 

失言してしまっても、

どうせ良いように受け取ってくれるから、

少々失敗しても、大丈夫って思える。

 

 

まあ、この誤解も、

解こうとすればするほど悪化するけれど、

「いいように解釈してくれるはず」と、

誤解されたことさえも、手放して、

相手を信じていたら、

そのうち、忘れた頃に、良いことになっているのだろう。

 

f:id:happy-v:20181107124617p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/