/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

人の事を悪く思わない人になりたいと思っていた。

私が心理学の勉強を始めた動機というのは、たくさんあったのだけれども、

その一つに、

 

人の事を悪く思ったり言ったりする自分が嫌だから、

人の事を悪く思ったり言ったりしない心の美しい人間になりたい。

 

というのがあった。

I have had several reasons for studying pshychology.

For one things , I want to be a lady who has a beautiful mind that is

not to think and to say bad things about the others.

 

 

・・・・・(≧w≦)!!

 

 

本気で、そう思っていた(≧w≦)。

 

 

 

AさんとBさんとCさんの、3人が居たとする。

AさんとBさん二人の時には二人で、そこにいないCさんの陰口を言って、

AさんとCさん二人の時には二人で、そこにいないBさんの陰口を言って、

BさんとCさんが二人の時には二人で、そこにいないAさんの陰口を言って、

でも、3人が一緒の時には、みんなを褒め合っている。

 

そんな構図を外から見るたびに、

こんな世界は嫌だと。

こんな世界には、巻き込まれたくないと思っていた。

 

でも、自分は、全くそれをやっていないかというと、

気が付かずに、自分も加担していたり、

自分もやっていた、と後で気づいて、自己嫌悪に陥ったり。

 

そして、そんな世界は嫌だから、

そんな世界に関わらないようにしよう、

そんな世界を見ないようにしよう、

と、

意識すればするほど、

 

逃げても逃げても、

世の中にはそんな図式はどこにでも存在していた。

 

 

上辺では、褒めてくれるあの人も、

もしかしたら、裏では、私の事をけちょんけちょんに言っているのかもしれない、

そんなことを疑い始めると、

その場に居るのは、とても辛くなる。

だから、そんな部分は、

あるのか無いのか分からないけれど、

あったとしても、気づかないフリ、見ないフリをしていようと、

思っていた。

 

 

 

でもふと気づいた。

 

 

気づかないフリ、見ないフリ、無いつもりに、

する必要もないのかもしれないない、と。

 

あって当然。あっても別に、フツー( ̄▽ ̄)。

 

そう思って世間を見てみると、

グチグチ陰口言っている様子を、外から見ても、

なんだか、あんまり、ソワソワしなくなってきたかも。と。

 

 

自分の不安を解消するために、

本音を吐き出すことって、別に悪いことじゃない。

フツーのこと。

 

それに加担するかしないかは、

私の自由だし、私の選択。

無理に、同意しなくてもいいし、

悪口に対して、軽蔑する必要もない。

 

悪態って、不安や恐れがあるから、吐き出していることであって、

吐き出すことは、別に悪いことじゃないんだよね。

 

 

そう思ったら、

 

自分も、悪態をついてもいいし、

悪態をついている人を嫌悪する必要もないし、

 

悪態をついても、別にいい、と思ったら、

悪態をつく必要って、無くなるような気もした。

 

なくしたいものがあったら、

無理矢理、蓋をするのではなく、

反対に、それを、許した方が、いいんだろうな。

 

 

心の美しい聖人君主に、なろうと思っても成れるものではないし(≧w≦)、

「人を悪く思わない聖人君主」に成ろうと努力すればするほど、

それとは反対の、「人の悪口を言っている人」を悪く思っていくという、パラドックス

 

 

人間だから、好みはある。

好き嫌いはあって当然だし、

別に、

「好き」が良くて、

「嫌い」が悪いわけではない。

「嫌い」でも「良い」んだもんね。

 

好き嫌いの無い、何でも好きな、ALL好きな(笑)、

聖人君主になろうとしていたよ(≧w≦)。

 

 

 

 

 

 

 

直さなければならないものって、何もない。

 

そう思い始めたら、

 

これも、ただ、ありのまま、

自分の心に正直に、選択すれば、いいんだなぁ、と思えた(^0^)。

 

f:id:happy-v:20190303181144p:plain

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/