/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

喋り言葉もダミー

目の前で何か問題が起こった時、

 

その「表面的に見えている事柄はダミーだ」ということは、

 

最近、割とすぐに気が付くようになってきた。

 

 

10人居れば10人分の見え方があり、真実がある。

どれもが本人にとっては真実。

そして、10人の真実のどれもが決して一致することはない。

 

誰も嘘はついていないけれど、

10人居たら、10個の真実がある。

 

それが分かったから、

私は最近は、

物事の事実関係を分析したり、問い正したりは、

あんまりしなくなった。

 

 

 

 

それと同じように、

「人の言葉」も、ダミーなのかもしれないね。

 

言っている本人さえも、

発言した直後に、あれ、やっぱりさっきの間違えだわ。撤回!

って思うことがあるし、

 

本人も、言っていることが本音かどうか分かっていない。

 

何かよく分からないけれども、言葉がついて出ることってある。

 

 

人が口にした一言一句に囚われて、

いつまでもモヤモヤするようなこともあるけれど、

 

それは、その言葉を捉えて離さない私の方に、

その言葉を離したくない理由があるだけのことであって、

 

話し手側がどうであるかは、関係ないのかもしれない。

 

 

目の前で、聴こえた言葉も、

ダミー。

表面的な言葉づらを分析することに、

あんまり意味はないのかもしれないな。

 

この記事を読んで、そんな風に思った。

 

f:id:happy-v:20190411204928p:plain

  When some trouble have happened,

the view what I see is dummy.

Recently I find it quickly.

 

Ten people have ten trueth.

All things are true for themselves.

It will never correspond with each other.

 

Noone tell a lie.

Ten people have  ten realize.

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/