/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

私がどんなにいい子であっても、親は今の親だった。

このパッカン↓からの、さらにパッカン。 

 

親が、どんな親でも、今の私になっていた

ってことは、同時に、

 

私が、どんなにいい子でも、私の親は、今の私の親の状態になっていた

ってことだ!!

 

私が、どんなにもっともっと頑張って、完璧ないい子であったとしても、

私が、どんなに親を幸せにしようと頑張ったとしても、

はたまた、

全然頑張らなくて、ダメダメな子だったとしても、

どんなであっても、

 

「今の親」は「今の親」になっていた!!!

 

 

私、もっと頑張ったところで、

もっといい子であったところで、

 

どっちにしても、

 

親が、そう生きると決めて生まれてきたのだから、

 

私の手の及ぶところではなかった!!

 

 

 

私がもっともっと更にいい子だったら、親は幸せだったかもしれない、とか、

私、いっぱい努力したけれど、それでも全然親を幸せにできなかった、

私の能力が足りなかった!とかって、

もう、思考が根本から違う!!( ̄▽ ̄)

 

 

私がいくら最高級のいい子になったとしても、

いくら素晴らしすぎる子になれたとしても、

親が、しんどい生き方をすると決めて生きているのなら、

私が親を幸せにすることはできないし、

 

そもそも、

「しんどい、しんどい」と言っているのが、

幸せだったりする形もある。

 

 

 

みんな、そうなりたくて、そうなっている。

 

 

親のせい、子のせい、

とかではないってこと。

 

 

 

 

 

自分の、過去のしんどかった時期も、

あの時期は、私が、自分で、

そういう経験をしたくて、

すると決めて産まれてきたのだから、

 

経験するべくして経験してきたこと。

 

 

今の、真逆の生き方の「意義」を知るためにも、

過去のあの時期を、経験したくて経験してきた。

 

 

 

 

もうね、

自分の人生、

 

ほんま誰のせいにもできないし、

 

人の人生の責任も、

取りようがない。

 

 

 

 

 

 

食べ物と一緒だな、と思った。

自分の口に入れて体に入れたもの、

自分の体で消化して出さないと、

 

替わりに人が、消化して出してあげることはできない。

 

自分の体に入れたら、自分が最後まで責任取るしかない。

誰かの体が代わりに吐いてくれたり、

ほじくり出してくれたりはできない。

 

他の誰にもどうすることもできない。

 

自分にしか、責任は取れない。

 

 

 

 

 

親がどんなにいい親でも、私は今の私になっていたし、

私がどんなにいい子でも、親は今の親になっていた。

 

私の子も、私がどんなでも、今の私の子になっていた。

 

 

 

同じ条件で違うパターンの実証は、

誰にもできないのだから、

勝手に都合の良いように、信じていたら、いいんだと思う。

 

 

 

てか、もう、いい加減、

自分の周り、

幸せだらけ!!!ヽ(´▽`)/ 

だということに、

私が気づいているのを、私は、認めてもいいと思う(爆)。

 

 

どんな形であれ、

それは、その人が選んだ幸せ。

そうやりたくて選んでいる。

 

 

まだ、不幸扱いにしたいのか・・・?(≧w≦)

 

かわいそうコントをまだ続けたいのか・・?(≧w≦)

 

f:id:happy-v:20190423200733p:plain

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/